简体版 繁體版
登録 ログイン

いおりのうめ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【庵梅・庵の梅】
    狂言。梅の花の咲いている老尼の庵を,大勢の女たちが訪ね,酒宴をして帰っていく。三老曲の一で,重い習物とされる。

  • いおり    【庵・菴・廬】 (1)僧侶や世捨て人などが住む粗末な小屋。庵室(アンシツ)。いお。 「―を結ぶ」 (2)小さな家。粗末な家。また,自分の家を謙遜していう語。 (3)農作業などのための仮小屋。 「秋田刈る旅の―にしぐれ降り/万葉 2235」 (4)軍隊の宿営地。軍営。[和名抄] (5)家紋の一。{(1)}を図案化したもの。 (6)「庵看板」の略。
  • おりの    沈殿するかすの; 排泄物の
  • りのう    【離農】 農業をやめて他の職につくこと。
  • いおりがた    【庵形】 家の屋根をかたどった形。山形。屋根形。将棋頭形。
  • いおりてん    【庵点】 「〽」の符号。文中に和歌・俳句,謡物などを記すときや,箇条書きの文書,連署の姓名などに付して確認済みの印とする。
  • いおり-がた    イホリ― [0] 【庵形】家の屋根をかたどった形。山形。屋根形。将棋頭形。
  • いおり-てん    イホリ― [3] 【庵点】「 」「〽」の符号。文中に和歌・俳句,謡物などを記すときや,箇条書きの文書,連署の姓名などに付して確認済みの印とする。
  • くさ-の-いおり    ―イホリ 【草の庵】粗末な家。くさのいお。「わが袖は―にあらねども/伊勢 56」
  • まいおりる    【舞(い)降りる】 ふわりと舞うようにして降りる。 「鶴が―・りる」
  • まがいおり    【紛い織(り)】 本物に似せた織物。特に,京都西陣で唐(カラ)織りに似せて織った帯地。
  • 舞いおりる    降りる; 舞い降りる; 下りる; 舞降りる; 舞下りる; 舞い下りる
  • おりのし    【折り熨斗】 のしの一種。方形の紙をのし包みの折り形にした中央に,のしあわびの小片をはり付けたもの。
  • おりのべ    【織り延べ】 「織り延べ絹」の略。
  • おりのべ-ぎぬ    【織り延べ絹】北国産の絹織物。普通のものより丈が長く織ってあったものかという。
  • おりのぼり    【下り上り】 (1)おりたりのぼったりすること。のぼりおり。 (2)都から地方への行き来。 「売買のため筑前へは毎年の―/浄瑠璃・博多小女郎(上)」