简体版 繁體版
登録 ログイン

いかくとし 意味

読み方:
"いかくとし"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【囲郭都市】
    〔walled town〕
    周囲を城壁や土塁などで囲んだ都市。防衛や徴税などのさまざまな理由により囲郭する。かつてのヨーロッパの諸都市,中国の長安・北京,テヘランなどに例がある。環濠集落。城郭都市。

  • かくとした    【確とした】 ⇒かく(確)
  • いかく-とし    ヰクワク― [4] 【囲郭都市】(walled town)周囲を城壁や土塁などで囲んだ都市。防衛や徴税などのさまざまな理由により囲郭する。かつてのヨーロッパの諸都市,中国の長安・北京,テヘランなどに例がある。環濠集落。城郭都市。
  • とし-けいかく    ―ケイクワク [3] 【都市計画】都市の健全な発展と秩序ある整備を図るための,土地利用・施設整備・開発事業などに関する計画。
  • かくしゃくとした    溌剌とした; 丈夫; 顔色がつやつやしている
  • じょうかくとし    【城郭都市】 ⇒囲郭(イカク)都市
  • としけいかく    【都市計画】 都市の健全な発展と秩序ある整備を図るための,土地利用・施設整備・開発事業などに関する計画。
  • としけいかくぜい    【都市計画税】 都市計画事業または土地区画整理事業の費用にあてる目的で,市街化区域内所在の土地・家屋について,その所有者に課される市町村税。
  • としけいかくほう    【都市計画法】 都市計画の実施を図るための法律。現行法は1968年(昭和43)制定。
  • としけいかく-ぜい    ―ケイクワク― [6] 【都市計画税】都市計画事業または土地区画整理事業の費用にあてる目的で,市街化区域内所在の土地・家屋について,その所有者に課される市町村税。
  • としけいかく-ほう    ―ケイクワクハフ 【都市計画法】都市計画の実施を図るための法律。現行法は1968年(昭和43)制定。
  • かくと    【殻斗】 ブナ科植物の子房を包んでいる苞葉の集まり。袋状や椀状で,堅果の基部または全体を覆う。俗にいうドングリのお椀・はかま。クリの毬(イガ)もこの一種。
  • ばくとした    【漠とした】 ⇒ばく(漠)
  • ふくとしん    【副都心】 大都市の都心に準じた役目を果たす地域。都心と郊外を結ぶターミナルを中心に発展する。東京の新宿・渋谷など。
  • ゆくとし    【行く年】 (1)過ぎ去ろうとしている今年。暮れてゆく年。﹝季﹞冬。《―のこそりともせぬ山家かな/士朗》 (2)年齢。 「―もはや六十五なるに/浮世草子・一代女 6」
  • よくとし    【翌年】 「よくねん(翌年)」に同じ。

例文

  • 計画都市(けいかくとし、planned city)は、都市計画に基づいて建設された都市である。