简体版 繁體版
登録 ログイン

いかり結び 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 錨結び
  • すべり結び    輪差; 輪差結び
  • とくり結び    巻き結び; クラブ・ヒッチ; とっくり結び
  • ねじり結び    すごき結び; 引結び; ねじれ結び; 滑結
  • 係り結び    係結び
  • とっくり結び    とくり結び; 巻き結び; クラブ・ヒッチ
  • しっかり結ばれた    固く締められた; 固い
  • 2体と2手の飾り結び    引き結び; 蝶結び; バウ・ノット
  • いかり    【怒り】 いかること。おこること。腹立ち。立腹。 「―に燃える」「相手の―をかう」「―をしずめる」 ――心頭(シントウ)に発(ハツ)・する 心底から激しく怒る。 ――を遷(ウツ)・す 〔論語(雍也)〕 腹を立てて,関係のない者にやつあたりする。 ; 【錨・碇】 〔海中の石を意味する古語「いくり」と同源か〕 (1)綱や鎖をつけて水底に投下し,これによって船をその場所に停止させておく船具。古代から
  • いかばかり    【如何許り】 どれほど。どんなに。 「―およろこびのことでしょう」「悲しみは―かと」
  • いかりがた    【怒り肩】 高く角張った肩。 ⇔撫(ナ)で肩
  • いかりげ    【怒り毛】 けものが怒ったとき逆立てる毛。 「獅子の―の如く巻いて/太平記 28」
  • いかりそう    【碇草】 メギ科の多年草。山地に自生する。高さ約30センチメートル。葉は複葉。春,碇の形に似た淡紫色の四弁の花を下向きにつける。茎や葉を干して強壮・強精薬とする。
  • いかりつめ    上外端; 斜桁の外端; 狭先部; 斜桁尖端; 船艙狭尖部
  • いかりづな    【碇綱】 碇を船に結びつける綱。苧綱(カラムシヅナ)が主に用いられた。
  • いかりづめ    【怒り爪】 獣などがおこってむき出す爪。