简体版 繁體版
登録 ログイン

いがみ-あ・う 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ―アフ [4] 
    【啀み合う】
     (動ワ五[ハ四])
    (1)獣が互いに吠(ホ)えあったり,かみあったりする。
    (2)互いに敵対視して争い合う。「兄弟が―・う」

  • あ・う    アフ 【和ふ・韲ふ】 (動ハ下二)あえる
  • あい-あ・う    アヒアフ [1] 【相会う】 (動ワ五[ハ四])人と人とが互いに会う。出会う。「―・ふのはけふが二度目だ/放浪(泡鳴)」
  • あり-あ・う    ―アフ [0][3] 【有り合う・在り合う】 (動ワ五[ハ四])(1)ちょうどそこにある。ありあわせる。「どつさり―・ふ長椅子に身を落し/ふらんす物語(荷風)」(2)たまたまそこに居あわせる。「いたれりし国にてぞ子生めるものども―・へる/土左」(3)行きあう。偶然出会う。「路のほどなどに夜行の夜などもおのづから―・ふらむ/栄花(初花)」
  • あ-ゆ・う    ―ユフ 【足結ふ】 (動ハ四)袴の膝下あたりを紐(ヒモ)でくくる。「あゆい」をつける。「―・ひ出でぬれぬこの川の瀬に/万葉 1110」
  • いい-あ・う    イヒアフ [3] 【言(い)合う】 (動ワ五[ハ四])(1)互いに言う。口々に言う。「冗談を―・う仲」(2)口げんかをする。口論する。「同僚と―・う」
  • いき-あ・う    ―アフ [3] 【行(き)合う・行き逢う】 (動ワ五[ハ四])「ゆきあう」に同じ。「道で友人と―・った」
  • いで-あ・う    ―アフ 【出で逢ふ】 (動ハ四)出て会う。面会する。「御使に竹取―・ひて泣く事かぎりなし/竹取」
  • うけ-あ・う    ―アフ [3] 【請(け)合う・受(け)合う】 (動ワ五[ハ四])(1)責任をもって,確かに約束を果たすと引き受ける。「納期を―・う」(2)その物事・品物が確かなものであると保証する。「品質は―・います」[可能] うけあえる
  • うち-あ・う    ―アフ [3][0] 【打(ち)合う】 (動ワ五[ハ四])(1)互いに打つ。「ホームランを―・う」「投げを―・う」(2)(多く「撃ち合う」と書く)銃・砲を両方から発射する。「ピストルを激しく―・う」(3)二つ以上の物事がうまく適合する。「もとの品,時世の覚え―・ひ/源氏(帚木)」(4)敵対する。対抗する。「人いと多くて―・ふべくもあらねば/落窪 2」[可能] うちあえる
  • うばい-あ・う    ウバヒアフ [4][0] 【奪い合う】 (動ワ五[ハ四])争って,数に限りのある物の取り合いをする。「席を―・う」
  • おし-あ・う    ―アフ [3] 【押(し)合う】 (動ワ五[ハ四])両方から互いに押す。「―・いつつ電車に乗り込む」
  • おち-あ・う    ―アフ [3][0] 【落(ち)合う】 (動ワ五[ハ四])(1)約束の場所で出会って一緒になる。「駅で―・う約束をする」(2)川と川,また道と道とが合流する。(3)(人で)込み合う。混雑する。「出番は始まる,土間は―・ふ/歌舞伎・名歌徳」(4)相手になって立ち向かう。敵と取り組む。「われとおもはん平家のさぶらひどもは直実に―・へや,―・へ/平家 9」(5)その場へやってくる。駆けつけて加勢する
  • おもい-あ・う    オモヒアフ 【思ひ敢ふ】 (動ハ下二)(下に打ち消しを伴う)(1)思い切る。決心する。「玉の緒の短き心―・へず/古今(雑体)」(2)考えつく。予期する。「まだ―・へぬ程なれば/源氏(東屋)」
  • おり-あ・う    ヲリアフ 【居り合ふ】 (動ハ四)(1)居合わせる。(2)しずまりおちつく。おさまる。[ヘボン]
  • おれ-あ・う    ヲレアフ [3][0] 【折れ合う】 (動ワ五[ハ四])お互いにゆずりあって妥協する。おりあう。「妥当な線で―・う」