简体版 繁體版
登録 ログイン

いきどおろ・し 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • イキドホロシ 
    【憤ろし】
     (形シク)
    心がはればれとしない。不満だ。「目にし見えねば―・しも/日本書紀(神功)」

  • いきどおろし    【憤ろし】 心がはればれとしない。不満だ。 「目にし見えねば―・しも/日本書紀(神功)」
  • いきどおり    【憤り】 いきどおること。怒り。腹立ち。 「―を覚える」「世人の―を買う」
  • いきどおる    【憤る】 (1)腹を立てる。怒る。憤慨する。 「世の不正を―・る」 (2)不満をいだく。 「―・る心の内を思ひ延べ/万葉 4154」 〔漢文訓読系の語〕 ‖可能‖ いきどおれる
  • いきどお・る    イキドホル [3] 【憤る】 (動ラ五[四])(1)腹を立てる。怒る。憤慨する。「世の不正を―・る」(2)不満をいだく。「―・る心の内を思ひ延べ/万葉 4154」(漢文訓読系の語)[可能] いきどおれる
  • かきどおし    【垣通し】 シソ科のつる性多年草。路傍に多く,茎は四角,葉は心臓形。春,葉腋に淡紫色の唇形花を開く。全草を強精剤や疳(カン)の薬などにする。疳取り草。
  • きどおし    【来通し】 絶えず来ること。来続けること。 ; 【着通し】 一着の衣服を着続けること。いつも同一の衣服を着ていること。
  • きどおんど    【輝度温度】 高温の固体の温度表示法の一。物体の熱放射と同じ輝度をもつ黒体の温度で示す。その物体の温度よりつねに低い値となる。
  • めぬきどおり    【目抜き通り】 人通りの多い通り。主要な通り。繁華街。
  • け-どお・し    ―ドホシ 【気遠し】 (形ク)(1)人気がなく物寂しい。「うとましう―・き木立に梟の声を朝夕に耳馴らしつつ/源氏(蓬生)」(2)遠く離れている。「もの若き人々は―・くて所々に休み臥したり/栄花(初花)」(3)間柄が疎遠である。よそよそしい。気近し「例は―・き人々さへ,御几帳のかみより,ともすれば,のぞきつつ/紫式部日記」(4)世間離れしている。「いみじう―・きものの姫君も/源氏(蛍)」
  • て-どお・し    ―ドホシ 【手遠し】 (形ク)手元から遠い。手が届かない。「―・きねがひを捨てて/浮世草子・永代蔵 1」
  • ひとげ-どお・し    ―ドホシ 【人気遠し】 (形ク)(「ひとけとおし」とも)人の気配のする所から遠くはなれている。「―・き心地して物恐ろし/源氏(帚木)」
  • ひと-どお・し    ―ドホシ 【人遠し】 (形ク)(1)人気(ヒトケ)がない。人家から遠い。「お前の―・くのどやかなる折は/源氏(蛍)」(2)人に慣れていない。「―・いか人近いか/狂言・靭猿(三百番集本)」人近し
  • もの-どお・し    ―ドホシ 【物遠し】 (形ク)(1)離れた距離にある。遠い。「―・からで,ほの見奉る御さまかたちを/源氏(須磨)」(2)よそよそしい。「いと静かに,―・きさまして/源氏(紅葉賀)」
  • あいきどう    【合気道】 古流柔術の一派からおこった武術の一。関節技・当て身技を用いて,徒手で相手を制する格闘技。
  • いきどう    【生き胴】 (1)刀の試し斬りにする生きた人間の胴。また,試し斬り。 (2)江戸時代の死刑の一。受刑者を盛り土したところに寝かせ,斬り手二人で首・胴を同時に斬るもの。