简体版 繁體版
登録 ログイン

いきぬく 意味

読み方:
"いきぬく"の英語"いきぬく"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【生(き)抜く】
    困難や苦しみを克服して生き続ける。生き通す。
    「乱世を―・く」
    ‖可能‖ いきぬける

  • かきぬく    【書(き)抜く】 必要な部分を抜き出して書く。抜き書きをする。 「要点を―・く」 ‖可能‖ かきぬける
  • つきぬく    【突(き)抜く】 ※一※ (動カ五[四]) 突いて裏まで通す。突き通す。[日葡] ※二※ (動カ下二) ⇒つきぬける
  • ひきぬく    【引(き)抜く】 (1)引っ張って抜き取る。 「大根を―・く」 (2)他に所属する者を自分の方に移す。 「優秀な技術者を―・く」 ‖可能‖ ひきぬける
  • 生きぬく    持つ; 耐える; 乗りきる; 耐忍ぶ; くぐり抜ける; 生存する; 耐え忍ぶ; 生きのびる; 生き抜く; 生きる; 持ち堪える; 永らえる; 乗り切る; 頑張る; 残存する; 堪る; 堪忍ぶ; 持堪える; 乗切る; 生き残る; 乗越える; 堪忍する; 堪える; 乗り越える; 生抜く; 生きのこる; 生き長らえる; 堪え忍ぶ; 凌ぐ; 生残る; 我慢する; 生き延びる; 持ちこたえる
  • 突きぬく    突き通す; ぶち抜く; 貫く; 貫通する; ぶっ通す; 通貫する; 打抜く; 貫入する; 突き抜く; 打ち抜く; 突通る; つき抜ける; 貫き通す; 穿通する; 突きとおる
  • いきぬき    【息抜き】 (1)仕事の間などで,ちょっと休むこと。休憩。息休め。 「―にお茶にしよう」 (2)空気の流通・換気をよくするための装置や穴。換気口。
  • ぬく    【温】 〔形容詞「ぬくい」の語幹から〕 人をののしっていう語。のろま。うすのろ。 「そこな―め/浄瑠璃・鑓の権三(上)」 ; 【抜く】 ※一※ (動カ五[四]) ❶物を引き出す。 (1)生えている物,はまっている物などを,引っぱって取り出す。 「とげを―・く」「庭の雑草を―・く」「ビールの栓を―・く」「刀を―・く」 (2)(ポケット・かばんなどの中の金品を)ひそかにすり取る。また,輸送途中の
  • ぬく-ぬく    [1] 【温温】 (副)(多く「と」を伴って)(1)体の中まで暖かく心地良いさま。「―と布団にくるまっている」(2)苦労がなく,のんびりするさま。「親もとで―と暮らす」(3)(食べ物などが)できたてで,あたたかいさま。「―のごはん」(4)平然としているさま。ずうずうしいさま。ぬけぬけ。「此の孫右衛門を―とだまし/浄瑠璃・天の網島(中)」
  • きぬ    【衣】 (1)着る物。衣服。 (2)古代は上衣。中古は表着(ウワギ)と肌着の間に着た衵(アコメ)・袿(ウチキ)など。 (3)鳥の羽毛や里芋の子芋の皮など,身を包んでいるものを比喩的にいう。 「にはとりのひなの,…―みじかなるさまして/枕草子 151」 ; 【絹】 (1)蚕の繭からとった繊維。 (2)絹糸で織った織物。絹織物。 ――を裂(サ)くよう 〔絹の布を裂くときに高く鋭い音が出ることから
  • ぬくぬく    【温温】 (多く「と」を伴って) (1)体の中まで暖かく心地良いさま。 「―と布団にくるまっている」 (2)苦労がなく,のんびりするさま。 「親もとで―と暮らす」 (3)(食べ物などが)できたてで,あたたかいさま。 「―のごはん」 (4)平然としているさま。ずうずうしいさま。ぬけぬけ。 「此の孫右衛門を―とだまし/浄瑠璃・天の網島(中)」
  • ぬくぬくと    暖かく; ぬくく
  • いぬく    【射貫く】 射た矢がねらった物を貫き通す。射通す。 「胸板を―・く」 ‖可能‖ いぬける
  • しぬく    【為抜く】 最後までする。なしとげる。ことごとくする。 「さんざん苦労を―・く」
  • ぬくい    【温い】 (1)あたたかい。ぬくとい。﹝季﹞春。 「こりやあ何だか―・いではないか/当世書生気質(逍遥)」 (2)愚かである。 「談議は―・い波寄する磯/当流籠抜」 〔おもに関西地方など西日本で用いる〕 ﹛派生﹜——さ(名)
  • ぬくく    暖かく; ぬくぬくと