简体版 繁體版
登録 ログイン

いき-づまり 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [0] 
    【行き詰(ま)り】

    「ゆきづまり」に同じ。

  • いきづまり    【行き詰(ま)り】 「ゆきづまり」に同じ。
  • おりづまり    【織(り)詰まり】 織り上がった織物の長さが,もとのたて糸の長さより短くなること。また,その差。
  • おり-づまり    [0] 【織(り)詰まり】織り上がった織物の長さが,もとのたて糸の長さより短くなること。また,その差。
  • かねづまり    【金詰(ま)り】 資金が不足すること。金がなくやりくりがつかないこと。 ⇔金余り
  • かね-づまり    [0] 【金詰(ま)り】資金が不足すること。金がなくやりくりがつかないこと。金余り
  • きづまり    【気詰(ま)り】 周囲に気兼ねして気持ちが抑えつけられること。窮屈に感じること。また,そのさま。 「知らない人が多くて―だった」
  • き-づまり    [2] 【気詰(ま)り】 (名・形動)[文]ナリ周囲に気兼ねして気持ちが抑えつけられること。窮屈に感じること。また,そのさま。「知らない人が多くて―だった」
  • すんづまり    【寸詰(ま)り】 普通より丈が短いこと。幅に比べて丈が足りないさま。 「―の浴衣」
  • すん-づまり    [0][3] 【寸詰(ま)り】 (名・形動)普通より丈が短いこと。幅に比べて丈が足りないさま。「―の浴衣」
  • だめづまり    【駄目詰(ま)り】 囲碁で,一連の石を囲む駄目の数が少ないこと。また,攻め合いの場合,駄目の多少が死活に関わるため,着手が制限されている状態。
  • だめ-づまり    [3][0] 【駄目詰(ま)り】囲碁で,一連の石を囲む駄目の数が少ないこと。また,攻め合いの場合,駄目の多少が死活に関わるため,着手が制限されている状態。
  • つづまり    【約まり】 ※一※ (名) まとめられた結果。行きついたところ。 ※二※ (副) つまるところ。結局。つづまるところ。主に関西地方で用いる。
  • てづまり    【手詰(ま)り】 (1)打つべき手段・方法がつきて困ること。 「捜索が―になる」 (2)金銭のやりくりができなくなること。手もとが苦しいこと。
  • て-づまり    [2] 【手詰(ま)り】(1)打つべき手段・方法がつきて困ること。「捜索が―になる」(2)金銭のやりくりができなくなること。手もとが苦しいこと。
  • どんづまり    【どん詰(ま)り】 (1)物事の最後。これ以上どうにもならないぎりぎりのところ。どんづめ。 「選挙戦も―に来た」 (2)道が終わっている所。行き止まり。 「路地の―」