简体版 繁體版
登録 ログイン

いくおう-ざん 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • あいくおう-ざん    ―ワウ― 【阿育王山】中国,浙江省寧波の東にある山。晋(シン)の太康年間(280-289)に劉薩訶がアショーカ王の舎利を得て,ここに塔を建ててまつった。のち,山中に阿育王寺が建立された。宋五山の一。育王山。
  • いくおうざん    【育王山】 ⇒阿育王山(アイクオウザン)
  • あいくおうざん    【阿育王山】 中国,浙江省寧波の東にある山。晋(シン)の太康年間(280-289)に劉薩訶がアショーカ王の舎利を得て,ここに塔を建ててまつった。のち,山中に阿育王寺が建立された。宋五山の一。育王山。
  • あいくおう    【阿育王】 ⇒アショーカ王
  • かくおう    【覚王】 〔仏〕 仏の尊称の一。
  • がくおう    【岳翁】 妻の父。岳父。
  • こくおう    【国王】 国家の君主。王国の統治者。王。
  • さくおう    【策応】 お互いにしめし合わせて行動すること。 「協力―して大に敵を悩まし/此一戦(広徳)」
  • そくおう    【即応】 その場の状況・目的などにうまく合うこと。 「変化に―した態勢をとる」
  • ちょくおう    【直往】 ひたむきに進むこと。 「―勇進の気象に富む/思出の記(蘆花)」
  • とくおう    【徳王】 (1902-?) 内モンゴルの政治家。日中戦争開始後の1937年,日本軍の援助下に蒙古連盟自治政府を発足させ,39年蒙古連合自治政府をつくり,主席となった。49年モンゴル人民共和国に逃亡し逮捕された。モンゴル名,デムチュクドンロブ。
  • どくおう    【独往】 自分独自の道を行くこと。ひとりで進むこと。 「自主―」
  • はくおう    【白鴎】 白いかもめ。かもめ。
  • ひゃくおう    【百王】 (1)多くの王。代々の王。たくさんの君主。 「それ人代―の始は鸕鷀草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)の第四の王子,神日本磐余彦尊(カンヤマトイワレヒコノミコト)/太平記 32」 (2)百代の王。 「それ天照太神(テンシヨウダイジン)は―鎮護の御誓浅からず/保元(上)」
  • ほくおう    【北欧】 ヨーロッパの北部にある国々。一般にデンマーク・スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・アイスランドをさす。北ヨーロッパ。 ⇔南欧