简体版 繁體版
登録 ログイン

いくさ船 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 軍艦
  • 軍鑑
  • いくさ    【戦・軍】 (1)たたかい。戦争。合戦。 (2)軍勢。兵隊。 「千万(チヨロズ)の―なりとも言挙げせず/万葉 972」 (3)弓を射るわざ。 「―習ふ所を築かしむ/日本書紀(持統訓)」 ――を見て矢を矧(ハ)ぐ 事が起こってから,あわてて用意をすることのたとえ。泥棒を見て縄をなう。
  • いいくさす    【言い腐す】 けちをつける。けなす。 「相手を散々に―・す」
  • いくさがみ    【軍神】 戦いの勝利を祈念する神。武神。弓矢の神。古くから武甕槌神(タケミカズチノカミ)(鹿島神宮の祭神)・経津主神(フツヌシノカミ)(香取神宮の祭神)が尊崇される。鎌倉時代以後,不動明王・八幡大菩薩・摩利支天・北斗七星などもまつられた。
  • いくさき    【行く先】 「ゆくさき(行先)」に同じ。
  • いくさだち    【軍立ち】 (1)出陣。 「精兵(トキイクサ)をゐて進みて…―す/日本書紀(崇神訓)」 (2)いくさ。合戦。 「これほど―激しき敵にいまだあはず候/保元(中・古活字本)」
  • いくさだて    【軍立て】 軍勢の配置。陣立て。
  • いくさば    【軍場】 戦いをする場所。戦場。いくさのにわ。
  • いくさぶね    【軍船】 兵船。軍艦。
  • いくさぼし    【軍星】 北斗七星。特に,その第七星。
  • いくさん    【育蚕】 カイコを飼うこと。養蚕。
  • いくさ-がみ    [3] 【軍神】戦いの勝利を祈念する神。武神。弓矢の神。古くから武甕槌神(タケミカズチノカミ)(鹿島神宮の祭神)・経津主神(フツヌシノカミ)(香取神宮の祭神)が尊崇される。鎌倉時代以後,不動明王・八幡大菩薩・摩利支天・北斗七星などもまつられた。
  • いくさ-だち    【軍立ち】(1)出陣。「精兵(トキイクサ)をゐて進みて…―す/日本書紀(崇神訓)」(2)いくさ。合戦。「これほど―激しき敵にいまだあはず候/保元(中・古活字本)」
  • いくさ-だて    【軍立て】軍勢の配置。陣立て。
  • いくさ-の-きみ    【軍の君】全軍を統率する大将。総司令官。大将軍。「共に印綬(シルシ)をたまひて―としたまふ/日本書紀(崇神訓)」
  • いくさ-の-にわ    ―ニハ [0] 【軍の庭】戦場。