简体版 繁體版
登録 ログイン

いくさ-ぶぎょう 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ―ギヤウ [4] 
    【軍奉行】

    鎌倉・室町幕府の職名。戦の際の臨時の職で,軍事全般の総指揮にあたる。一般に,侍所の別当・所司が任じられた。

  • いくさぶぎょう    【軍奉行】 鎌倉・室町幕府の職名。戦の際の臨時の職で,軍事全般の総指揮にあたる。一般に,侍所の別当・所司が任じられた。
  • あい-ぶぎょう    アヒブギヤウ [3] 【合奉行】鎌倉・室町幕府の職名。一つの訴訟を担当する二人の奉行のうち,鎌倉時代には本奉行の監視役,室町時代には補佐役。ごうぶぎょう。
  • いし-ぶぎょう    ―ブギヤウ [3] 【石奉行】室町・安土桃山時代に,城郭の築城のとき,石垣など石のことをつかさどった職。
  • えぞ-ぶぎょう    ―ブギヤウ [3] 【蝦夷奉行】江戸幕府の職名。遠国(オンゴク)奉行の一。老中支配。1802年2月に箱館におかれたが,同年5月箱館奉行と改称。蝦夷地奉行。
  • かね-ぶぎょう    ―ブギヤウ [3] 【金奉行】江戸幕府の職名。勘定奉行に属し,幕府の金庫の出納を管理する役。大坂にも大坂金奉行があった。
  • きん-ぶぎょう    ―ブギヤウ [3] 【金奉行】かねぶぎょう
  • くじ-ぶぎょう    ―ブギヤウ [3] 【公事奉行】鎌倉・室町幕府の職名。政務に当たる安堵(アンド)奉行・恩沢奉行・寺社奉行その他の奉行の総称。
  • くに-ぶぎょう    ―ブギヤウ [3] 【国奉行】鎌倉幕府の職名。鎌倉にいて諸国を分担,政治の監督,寺社の管理などにあたった。
  • くら-ぶぎょう    ―ブギヤウ [3] 【倉奉行・蔵奉行】江戸時代,幕府の職制の一。勘定奉行の配下に属し幕府の米穀の出納,米蔵の管理をつかさどった。
  • ごぶぎょう    【五奉行】 豊臣秀吉が政務を分掌させるために置いた五人の奉行。浅野長政・石田三成・長束正家・前田玄以・増田長盛。 →五大老
  • ご-ぶぎょう    ―ブギヤウ [2] 【五奉行】豊臣秀吉が政務を分掌させるために置いた五人の奉行。浅野長政・石田三成・長束正家・前田玄以・増田長盛。五大老
  • さお-ぶぎょう    サヲブギヤウ [3] 【竿奉行】江戸時代,検地の時に竿入れのことをつかさどった役人。
  • さか-ぶぎょう    ―ブギヤウ [3] 【酒奉行】(1)「さけぶぎょう(酒奉行)」に同じ。(2)宴席で,酒の世話をする人。
  • さけ-ぶぎょう    ―ブギヤウ [3] 【酒奉行】(「さかぶぎょう」とも)(1)室町時代,諸家が将軍を迎えるとき,宴席に出す酒について監督させるため定める臨時の役。(2)江戸幕府の職名。賄方に属し酒の事をつかさどる役。
  • さど-ぶぎょう    ―ブギヤウ [3] 【佐渡奉行】江戸幕府の職名。1601年佐渡代官の名称で設置。老中の支配下にあって,佐渡の統治,鉱山の管理,海上の警戒などに当たった。