简体版 繁體版
登録 ログイン

いくだ 意味

読み方:
"いくだ"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【幾許】
    (多く「いくだも」の形で下に打ち消しの語を伴う)いくら。いくほど。いくばく。
    「さ寝し夜は―もあらず/万葉 135」

  • いいくだす    【言ひ下す】 (1)すらすらと言う。また,文章などをすらすらと書く。 「ほ句は頭よりすらと―・し来るを上品(ジヨウボン)とす/去来抄」 (2)自分より身分の低い人に言い送る。[日葡]
  • おもいくだく    【思ひ砕く】 ※一※ (動カ四) あれこれと思案して気をもむ。 「遂にかくかけとどめ奉り給へるものをなどとり集めて―・くに/源氏(柏木)」 ※二※ (動カ下二) 思い乱れる。 「ちぢに―・くれど宣ふ人しなければ/宇津保(俊蔭)」
  • あいち-きょういくだいがく    ―ケウイク― 【愛知教育大学】国立大学の一。愛知第一・第二師範および青年師範が統合し,1949年(昭和24)に愛知学芸大学として発足。66年現名に改称。本部は刈谷市。
  • おおさか-たいいくだいがく    オホサカ― 【大阪体育大学】私立大学の一。1965年(昭和40)設立。本部は大阪府熊取町。
  • かのやたいいくだいがく    【鹿屋体育大学】 国立大学の一。1981年(昭和56)に設立。本部は鹿屋市。
  • かのや-たいいくだいがく    【鹿屋体育大学】国立大学の一。1981年(昭和56)に設立。本部は鹿屋市。
  • きょういくだいがく    【教育大学】 教育に関する研究,および教員の養成を目的とする大学。
  • ならきょういくだいがく    【奈良教育大学】 国立大学の一。奈良師範・同青年師範を統合し,1949年(昭和24)に奈良学芸大学として設立,66年現名に改称。本部は奈良市。
  • なら-きょういくだいがく    ―ケウイクダイガク 【奈良教育大学】国立大学の一。奈良師範・同青年師範を統合し,1949年(昭和24)に奈良学芸大学として設立,66年現名に改称。本部は奈良市。
  • なると-きょういくだいがく    ―ケウイク― 【鳴門教育大学】国立大学の一。1981年(昭和56)設立。本部は鳴門市。
  • にほんたいいくだいがく    【日本体育大学】 私立大学の一。1893年(明治26)創立の体操練習所を源とし,1941年(昭和16)日本体育専門学校を経て,49年新制大学となる。本部は東京都世田谷区。
  • にほん-たいいくだいがく    【日本体育大学】私立大学の一。1893年(明治26)創立の体操練習所を源とし,1941年(昭和16)日本体育専門学校を経て,49年新制大学となる。本部は東京都世田谷区。
  • みやぎ-きょういくだいがく    ―ケウイク― 【宮城教育大学】国立大学の一。東北大学教育学部の教員養成課程を移管し,1965年(昭和40)に設立。本部は仙台市青葉区。
  • くだ    【管】 (1)断面が円形で,中が空になっている細長いもの。普通,液体や気体を通すのに用いる。 「ゴムの―で水を吸い上げる」 (2)機(ハタ)を織るとき,緯(ヨコ)糸を巻きつける芯(シン)。 (3)糸繰り車のつむに差して,糸を巻きつける軸。 (4)「管の笛(フエ)」に同じ。 「吹き鳴せる―の音も/万葉 199」 ――を用いて天を窺(ウカガ)う 〔荘子(秋水)〕 細い管の穴から天をのぞく。見識の狭
  • あいちきょういくだいがく    【愛知教育大学】 国立大学の一。愛知第一・第二師範および青年師範が統合し,1949年(昭和24)に愛知学芸大学として発足。66年現名に改称。本部は刈谷市。

例文

  • あくまで説明書に従ってお使いください。
  • 彼は困難をうまく切り抜けていくだろう。
  • みなさん最後まで御付き合いください。
  • 痛みはだんだん無くなっていくだろう。
  • 彼には生活していくだけの年金がある。
  • お手伝いくださってどうもありがとう。
  • この制度は十中八九うまくいくだろう。
  • 理論は結果だが実際にうまくいくだろうか。
  • のどが渇いた水をいっぱいください。
  • もっと例文:  1  2  3  4  5