简体版 繁體版
登録 ログイン

いく-もう 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [0] 
    【育毛】

    (髪の)毛を発育させること。「―剤」

  • いくもう    【育毛】 (髪の)毛を発育させること。 「―剤」
  • もう-きょういく    マウケウイク [3] 【盲教育】視覚障害者に対する特別に配慮された教育。点字による普通教育,感覚・歩行訓練,職業教育などを総合したもの。盲人教育。
  • もうきょういく    【盲教育】 視覚障害者に対する特別に配慮された教育。点字による普通教育,感覚・歩行訓練,職業教育などを総合したもの。盲人教育。
  • いく    【生く】 ※一※ (動カ四) 「いきる(生)」に同じ。 「思ふことならでは世中に―・きて何かせむ/竹取」「我が命を―・かむと思ふ故か/今昔 25」 →生きる ※二※ (動カ上二) ⇒いきる(生) ※三※ (動カ下二) ⇒いける(生) ; 【生】 名詞に付いて,いきいきとしている,久しく栄える,の意を表す。 「―玉」「―柳/琴歌譜」「―大刀/古事記(上)」 ; 【偉躯】 大きくて立派な体格。
  • いく-    【幾-】some;several.幾十(百,千,万,百万)という人 dozens[scores](hundreds,thousands,tens of thousands,millions) of people.
  • けいもうせんせいくんしゅ    【啓蒙専制君主】 一八世紀ヨーロッパにおいて,啓蒙思想の影響下に後進的な自国の近代化を推進した専制君主。プロイセンのフリードリヒ二世,ロシアのエカテリーナ二世が代表的。
  • もう    【申】 〔「まうす(申)」の略〕 ⇒ものもう(物申) ⇒あんないもう(案内申) ; (1)勢いがさかんである・こと(さま)。 「勢(イキオイ)―に/婦系図(鏡花)」 (2)たけだけしい・こと(さま)。 「威ありて―ならず/花柳春話(純一郎)」 (3)(「猛に」の形で)程度のはなはだしいさま。たいへん。 「―に違ふといふは何ごとにや/かたこと」 ; 【毛】 (1)尺貫法の長さ・重さの単位。厘の
  • いく-いく    [0] 【郁郁】 (形動タリ)(1)(論語(八佾)「郁郁乎文哉」)文化の盛んなさま。「其文や―,其声や洋々/真善美日本人(雪嶺)」(2)香気の高いさま。「―たる梅花」
  • もう-もう    マウマウ [0] 【惘惘】 (ト|タル)[文]形動タリ気が抜けてぼんやりしたさま。「―としたる浪子の顔を/不如帰(蘆花)」
  • いくいく    【郁郁】 (1)〔論語(八佾)「郁郁乎文哉」〕 文化の盛んなさま。 「其文や―,其声や洋々/真善美日本人(雪嶺)」 (2)香気の高いさま。 「―たる梅花」
  • おもう-おもう    オモフオモフ 【思ふ思ふ】 (副)思いながら。思いつつ。「重ねてのたまへれば,苦しと―参りぬ/源氏(若菜下)」
  • もうこ-ずもう    ―ズマフ [4] 【蒙古相撲】モンゴルで行われている相撲。ジドックという競技用の服をつけ,膝から上が地につけば負けとなる。土俵はない。パリルドホ。
  • もうし-もうし    マウシマウシ 【申し申し】 (感)(「もうし」を重ねた語)人に呼びかける時に用いる語。もしもし。「よいつれぢや程に言葉をかけう,―/狂言・宗論」
  • もうもう    【耄耄】 老いぼれたさま。 「―に耳もおぼおぼしかりければ/源氏(若菜上)」 ; ※一※ (副) 牛の鳴き声を表す語。 「牛が―(と)鳴く」 ※二※ (名) 牛をいう幼児語。 ; 【惘惘】 気が抜けてぼんやりしたさま。 「―としたる浪子の顔を/不如帰(蘆花)」 ; 【濛濛・朦朦】 ※一※ (ト|タル) (1)霧・煙・砂ぼこり・湯気などが一面に立ちこめるさま。 「―と砂塵が舞い上がる」「―た
  • あい-いく    [0] 【愛育】 (名)スルかわいがって育てること。「十五の歳まで―したのですから/乙女心(思案)」