简体版 繁體版
登録 ログイン

いけずき 意味

読み方:
"いけずき"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【生唼・生食】
    〔「池月」とも書く〕
    宇治川の先陣争いの際,佐々木高綱の乗った馬。もと源頼朝の愛馬。
    →摺墨(スルスミ)

  • いけず    〔「行けず」の意から。関西地方でいう〕 (1)意地の悪いさま。にくたらしいさま。また,その人。 「―な男」 (2)悪人。ならず者。 「今も今とて―達がわつぱさつぱ/浄瑠璃・夏祭」
  • けずきん    【毛頭巾】 毛皮の頭巾。老人のかぶりもの。
  • さけずき    【酒好き】 飲酒を好むこと。酒の好きな人。
  • いけずみ    【埋け炭・活け炭】 灰の中に埋め込んだ炭火。いけび。うずみ火。
  • いけずうずうしい    〔「いけ」は接頭語〕 腹が立つほどずうずうしい。 「―・いやつだ」
  • ずき    【好き】 名詞の下に付いて複合語をつくる。 (1)それが好きであること,またその人を表す。 「文学―の少女」「酒―の人」 (2)それに好かれる性質をもっていることを表す。 「人―のする性質」「女―のする容貌」 ; 捕吏。刑事。また,逃亡中の罪人に警察が目をつけること。盗賊仲間の隠語。 〔「付き」とも書く〕 ――が回・る 逃げた犯人が当局から手配される。 「あの子を略取(カドアカ)した事から―
  • かけず    【掛けず】 問題にもされないで。簡単に。 「―けおさるるこそ,本意なきわざなれ/徒然 1」 ; 【掛(け)図】 地図・図表・絵などを掛け物のようにしたもの。学校などで用いる。
  • けずね    【毛脛】 毛のたくさん生えたすね。
  • けずり    【削り】 (1)けずること。多く複合語として用いられる。 「鉛筆―」 (2)髪をとかすこと。くしけずること。 「御―。御元結なかはし/御湯殿上(永禄六)」
  • けずる    【削る】 ※一※ (動ラ五[四]) (1)(刃物・やすりなどで)物の表面をそぎ取る。 「ナイフでえんぴつを―・る」「出っぱった部分をやすりで―・る」 (2)全体の中から一部分をなくす。減らす。 「予算を―・る」 (3)取り去る。 「項目を―・る」「リストから名前を―・る」 (4)(官吏の名を記した木簡の表面を削って名前を抹消したことから)官職を罷免する。 「遂に御簡―・られ/源氏(須磨)」 ‖
  • けず・る    ケヅル [0] 【削る】■一■ (動ラ五[四])(1)(刃物・やすりなどで)物の表面をそぎ取る。「ナイフでえんぴつを―・る」「出っぱった部分をやすりで―・る」(2)全体の中から一部分をなくす。減らす。「予算を―・る」(3)取り去る。「項目を―・る」「リストから名前を―・る」(4)(官吏の名を記した木簡の表面を削って名前を抹消したことから)官職を罷免する。「遂に御簡―・られ/源氏(須磨)」[可能
  • けず・れる    ケヅレル [0] 【削れる】 (動ラ下一)[文]ラ下二 けづ・る削られたようになる。「大雨のたびに堤防が少しずつ―・れる」
  • 掛けず    かけず 問題にもされないで。簡単に。 「―けおさるるこそ,本意なきわざなれ/徒然 1」
  • いけ    【活け】 〔動詞「生(イ)く」の連用形から〕 気絶した者に活(カツ)を入れること。 「引き起して死活の―/浄瑠璃・伊賀越道中双六」 ; 【池】 (1)地面を掘って,水をたたえたところ。主に庭園に風趣を添えるためにつくる。 (2)地面にできたくぼみに水のたまったところ。普通,湖沼より小さいものをいう。 (3)硯(スズリ)の,水を入れるくぼみの部分。海。 ⇔陸(オカ) ; 卑しめののしる意を表す
  • ずきずき    傷などが脈打つように絶えず強く痛むさま。ずきんずきん。 「―(と)痛む」「頭が―する」

例文

  • 土地に200年程前から伝わる古文書(木村文書)によれば、源頼朝が所有した名馬「生食(いけずき)」の産地と伝えられる。