简体版 繁體版
登録 ログイン

いけだつねおき 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【池田恒興】
    (1536-1584) 安土・桃山時代の武将。出家して勝入と号す。織田信長に仕えて活躍,本能寺の変後は豊臣秀吉に仕え,小牧・長久手の戦で戦死。

  • いけだ-つねおき    【池田恒興】(1536-1584) 安土・桃山時代の武将。出家して勝入と号す。織田信長に仕えて活躍,本能寺の変後は豊臣秀吉に仕え,小牧・長久手の戦で戦死。
  • ねおき    【寝起き】 (1) ① 寝ることと起きること。住むこと。日常の生活。 「一つ家に―する」「―にも不自由する」 (2) ◎ 目をさまして起きること。寝覚め。 「―が悪い」
  • いけだ    【池田】 (1)大阪府北西部の市。もと市場町。住宅地として発展。酒造業や植木の産地として知られる。 (2)北海道南東部,十勝支庁中川郡の町。近年ワインの生産で知られる。 (3)長野県中部,北安曇(アズミ)郡の町。千国(チクニ)街道の宿駅として発達。 (4)岐阜県南西部,揖斐郡の町。工場が多く,また古墳も多い。 (5)福井県中部,今立郡の町。 (6)徳島県西部,三好郡の町。吉野川の屈曲部に位置し
  • はねおきる    【跳ね起きる】 勢いよく起きあがる。飛び起きる。 「物音に驚いて―・きる」
  • おじけだつ    【怖気立つ】 恐ろしくなってくる。恐怖心が生ずる。 「相手のけんまくに―・つ」
  • おぞけだつ    【怖気立つ】 恐ろしさやいとわしさでぞっとする。 「生際(ハエギワ)の抜上り方が,―・つほど厭はしく/ふらんす物語(荷風)」
  • さむけだつ    【寒気立つ】 (1)寒気を感ずる。悪寒(オカン)がする。 (2)恐ろしさに体中が震えあがる。ぞっとする。 「冷酷な仕打ちに―・つ」
  • そうけだつ    【総毛立つ】 〔「そうげだつ」とも〕 恐ろしくて,全身に鳥肌が立つ。身の毛がよだつ。 「あまりのむごたらしさに―・った」 〔「寒気(サムケ)だつ」の転とも〕
  • そそけだつ    (1)ほつれ乱れる。一面にけば立つ。そそける。 「―・った布地」 (2)恐ろしくて身の毛がよだつ。総毛だつ。 「怪談噺(バナシ)を聞いて―・つ」
  • なさけだつ    【情け立つ】 (1)情愛のあるように振る舞う。 「わざとならねど―・ち給ふ若人は/源氏(藤裏葉)」 (2)風流を解するように振る舞う。風流ぶる。 「思ひわかぬばかりの心にては,よしばみ,―・たざらむなむ目やすかるべき/源氏(帚木)」
  • みのけだつ    【身の毛立つ】 身の毛がよだつ。 「恐ろしさに―・つ」
  • 寒けだつ    慄く; ぞくぞく; 震える; 戦慄する; 震慴する; 身震いする; 震戦く; 打震える; 身震する; 震慄する; 寒気だつ; 戦慄く; ぶるぶるする; 戦く; 寒気立つ; 震う; わなわなする; 震いおののく; 打ち震える; 震えあがる; 身ぶるいする; 寒け立つ; ブルブルする; 身振いする; 顫える; 震え上がる; 震い戦く
  • きつねおとし    【狐落(と)し】 (1)狐をとる罠(ワナ)。 (2)民間の俗信で,狐つきの人から狐を追い払って病気を治すこと。
  • おき-いけ    [0] 【置(き)生け】下に据えた花器にいけた生け花の総称。
  • いけだこ    【池田湖】 鹿児島県薩摩半島の南端近くにある湖。面積11平方キロメートル。カルデラ湖で湖岸は急斜面。