简体版 繁體版
登録 ログイン

いけのぼう-せんこう 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • イケノバウセンカウ 
    【池坊専好】

    (1)(初代)(1536-1621) 安土桃山・江戸初期の立花(タテハナ)師。立花の構成理論を儒教に求め,自然界の景色を表現するものとした。
    (2)(二代)(1570-1658) 江戸前期の立花師。初代の理論に仏教をも加え,立花の構成理論をより緻密にした。後水尾天皇の宮廷を中心に活躍した。
    (3)(三代)(1680-1734) 元禄末期から享保期にかけて活躍した立華(リツカ)師。立華の整理と伝統の維持に努めた。

  • いけのぼうせんこう    【池坊専好】 (1)(初代)(1536-1621) 安土桃山・江戸初期の立花(タテハナ)師。立花の構成理論を儒教に求め,自然界の景色を表現するものとした。 (2)(二代)(1570-1658) 江戸前期の立花師。初代の理論に仏教をも加え,立花の構成理論をより緻密にした。後水尾天皇の宮廷を中心に活躍した。 (3)(三代)(1680-1734) 元禄末期から享保期にかけて活躍した立華(リツカ)師。
  • いけのぼう-せんけい    イケノバウ― 【池坊専慶】池坊立花(タテハナ)の開祖。長禄・寛正年間(1457-1466)に活躍。室町将軍家の同朋衆のものとはことなる立花を立てて有名になる。生没年不詳。
  • いけのぼう-せんのう    イケノバウセンオウ 【池坊専応】(1482-1543) 室町時代の六角堂の住僧。専慶のあとをうけ,立花(タテハナ)を造形芸術とし,その表現法を明らかにした。伝書に「池坊専応口伝」がある。
  • いけのぼう    【池坊】 〔京都の紫雲山頂法寺(通称は六角堂)の坊の名〕 生け花の流派名。また,この流派の家元の姓。
  • いけのぼうせんけい    【池坊専慶】 池坊立花(タテハナ)の開祖。長禄・寛正年間(1457-1466)に活躍。室町将軍家の同朋衆のものとはことなる立花を立てて有名になる。生没年不詳。
  • いけのぼうせんのう    【池坊専応】 (1482-1543) 室町時代の六角堂の住僧。専慶のあとをうけ,立花(タテハナ)を造形芸術とし,その表現法を明らかにした。伝書に「池坊専応口伝」がある。
  • さんこう-ぼう    サンクワウバウ 【三光坊】室町末期の能面作者。三光尉(サンコウジヨウ)という老人面を作ったと伝える。
  • いけの    【池野】 姓氏の一。
  • いせんこう    【胃穿孔】 胃壁に穴があくこと。胃潰瘍が進行し起こることが多い。胃の内容物が腹腔に漏れ出すため急性腹膜炎を起こし,救急手術が必要となる。
  • い-せんこう    ヰ― [2] 【胃穿孔】胃壁に穴があくこと。胃潰瘍が進行し起こることが多い。胃の内容物が腹腔に漏れ出すため急性腹膜炎を起こし,救急手術が必要となる。
  • うんこう-せん    ウンクワウ― [0] 【運鉱船】鉱石運搬船。
  • さんこう-せん    サンカウ― 【三江線】JR 西日本の鉄道線。島根県江津・浜原・三次間,108.1キロメートル。江の川に沿い,山陰と山陽の連絡ルートの一部を形成する。
  • しんこう-せん    [0] 【進貢船】(1)室町幕府が派遣した遣明船。将軍家が宗主国たる明皇帝の冊封(サクホウ)を受けて朝貢するという形式をとった。(2)琉球から朝貢のため中国へおもむいた船。
  • せんこう    【先皇】 先代の天皇。先帝。せんのう。さきのみかど。 「是等は皆旧主―の政にもしたがはず/平家 1」 ; 【潜幸】 天皇がお忍びででかけること。忍びの行幸。 「―の儀式を引つくろひ/太平記 2」 ; 【先後】 ⇒せんご(先後) ; 【線香】 (1)丁子(チヨウジ)や白檀などの香料の粉を線状に練り固めたもの。火をつけて仏前に供える。 (2)「線香代」の略。 ; 【千行】 いくすじも続くこと。
  • せんこうか    【専攻科】 特別の事項の教授・研究指導を目的とする課程。高校・大学に設置し,その卒業者または同等の学力を有する者を対象とする。 →別科