简体版 繁體版
登録 ログイン

いしいはくてい 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【石井柏亭】
    (1882-1958) 洋画家。東京生まれ。本名,満吉。鶴三の兄。同志とともに「方寸」刊行,また二科会を創立するなど美術界に貢献。版画・水彩画に優れた。

  • いしい-はくてい    イシヰ― 【石井柏亭】(1882-1958) 洋画家。東京生まれ。本名,満吉。鶴三の兄。同志とともに「方寸」刊行,また二科会を創立するなど美術界に貢献。版画・水彩画に優れた。
  • ていはく    【鄭白】 中国,戦国時代の韓の人鄭国と,漢代の趙の大夫白公。灌漑工事を行なった。 ――の衣食(イシヨク)に飽(ア)く 〔班固「西都賦」注による。鄭国・白公の二人の灌漑によって,人々の衣食が豊かになったという故事から〕 生活に不足のないこと。生活の豊かなこと。鄭白の衣食。 ; 【停泊・碇泊】 船が碇(イカリ)をおろしてとまること。ふながかり。
  • ていはく-とう    [0] 【停泊灯】停泊中の船舶が,夜間,その位置を標示するために揚げる白色の灯火。
  • はくてい    【白丁】 (1)律令制で,官途につかず,口分田を班給されて税を納め課役を負担する者。無位無官の公民。 (2)朝鮮の被差別民。高麗時代には一定の職役を負担せず,土地の支給も受けない農民を指したが,李朝時代に被差別民の呼称となり,身分・職業・住居・服装・結婚などで激しい差別を受けた。 ; 【白帝】 五行説で,西方・秋を支配する神。
  • ていはくとう    【停泊灯】 停泊中の船舶が,夜間,その位置を標示するために揚げる白色の灯火。
  • ていはく-りょう    ―レウ [4] 【停泊料】船荷の積み下ろしのために一定の停泊期間を経過して停泊した場合,用船者が超過期間に応じて船主に支払う料金。滞船料。
  • はくてい-じょう    ―ジヤウ 【白帝城】(1)中国四川省東部,揚子江中流北岸にあった城。三国時代に蜀(シヨク)の劉備が諸葛亮(シヨカツリヨウ)に後事を託して没した所。(2)愛知県犬山市にある犬山城の別名。
  • けいはくらしい    【軽薄らしい】 〔近世語〕 (1)いかにも手軽なさま。 「―・しき事ここの惣並なれば/浮世草子・胸算用 4」 (2)いかにもこびへつらった感じであるさま。 「継父の我ら―・しう止められず/浄瑠璃・油地獄(下)」
  • かくていはんけつ    【確定判決】 確定の効力を有する判決,すなわち通常の不服申立(上訴)によって取り消すことができない判決。
  • ていはくりょう    【停泊料】 船荷の積み下ろしのために一定の停泊期間を経過して停泊した場合,用船者が超過期間に応じて船主に支払う料金。滞船料。
  • はくていじょう    【白帝城】 (1)中国四川省東部,揚子江中流北岸にあった城。三国時代に蜀(シヨク)の劉備が諸葛亮(シヨカツリヨウ)に後事を託して没した所。 (2)愛知県犬山市にある犬山城の別名。
  • 安くておいしい    菓子; 駄菓子のひとつ
  • かくていしんこく    【確定申告】 申告納税をする者が課税標準や税額を確定するために,一定期間の所得額や控除額を税務署に申告すること。
  • とくていしせつ    【特定施設】 大気汚染防止法・水質汚濁法・騒音規制法・振動規制法などに定める物質や騒音・振動などを発生または排出する施設。
  • とくていしっかん    【特定疾患】 原因不明,治療法未確立で,後遺症のおそれが少なくない疾病や,経過が慢性にわたり,家族の経済的・人的・精神的負担が大きい疾病として厚生省が指定した病気。ベーチェット病・多発性硬化症など。調査研究の推進・医療施設の整備・医療費自己負担の解消などの対策がとられている。