简体版 繁體版
登録 ログイン

いしょう-づけ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ―シヤウ― [0] 
    【衣装付け】

    (1)俳優の衣装の着こなし方。
    (2)役者に着物を着せる係の人。
    (3)衣装方が俳優の必要とする衣装を書きとめる帳簿。

  • いしょうづけ    【衣装付け】 (1)俳優の衣装の着こなし方。 (2)役者に着物を着せる係の人。 (3)衣装方が俳優の必要とする衣装を書きとめる帳簿。
  • いんしょうづける    【印象付ける】 強い印象を与える。 「とびぬけた強さを―・けた試合」
  • あいしょう    【愛妾】 気に入りのめかけ。 ; 【愛称】 本名以外の,親しみをこめて呼ぶ呼び名。ニックネーム。 「―で呼ぶ」 ; 【愛唱】 その歌が好きでよく歌うこと。 「シューベルトの歌曲を―する」「―歌」 ; 【愛誦】 詩文を好んで,常に口ずさむこと。 「昔―した唐詩選や三体詩/ふらんす物語(荷風)」 ; 【相性・合(い)性】 (1)男女・友人・主従などが,互いに性格がよく合うかどうかということ。
  • いししょう    【異嗜症】 ⇒異食症(イシヨクシヨウ)
  • いしょう    【称唯】 〔音が「譲位」に似ることを嫌って逆に読んだもの〕 召しに応じて「おお」と高く長く答えること。 「大臣―,高長/江家次第」 ; 【衣装・衣裳】 〔上半身に着る「衣」と下半身に着る「裳」の意〕 (1)着物。衣服。晴れ着。 「花嫁―」 (2)俳優・踊り子が役を演ずるために着る衣服。舞楽・能では装束という。 ; 【意匠】 (1)工夫をめぐらすこと。趣向。 「―を凝らす」 (2)美術工芸品・
  • いしょうし    【意匠紙】 織物の組織を描くための方眼紙,または長方形の区画線を縦横に引いた紙。経(タテ)糸が緯(ヨコ)糸の上に浮いている箇所を黒く塗って表す。
  • いしょう-かた    ―シヤウ― [0] 【衣装方】演劇,ことに歌舞伎・能・狂言などで,俳優の衣装の世話をする係。
  • いしょう-けん    ―シヤウ― [2] 【意匠権】工業所有権の一。工業上利用できる新規の意匠を排他独占的に利用できる権利。意匠登録により発生し,15年間存続する。
  • いしょう-し    ―シヤウ― [2] 【意匠紙】織物の組織を描くための方眼紙,または長方形の区画線を縦横に引いた紙。経(タテ)糸が緯(ヨコ)糸の上に浮いている箇所を黒く塗って表す。
  • いしょう-だな    ―シヤウ― [2] 【衣装棚】衣服を入れておく戸棚。
  • いしょう-つき    ―シヤウ― [2] 【衣装付き】着物の着こなし。着物を着たすがた。「借りものとは想はれぬ―/二人女房(紅葉)」
  • いしょう-びつ    ―シヤウ― [2] 【衣装櫃】衣装を入れておく大形の箱。
  • いしょう-ほう    ―シヤウハフ [0] 【意匠法】意匠を創作した者に意匠権を付与するなど,意匠権の要件,効力等を定めた法。1959年(昭和34)制定。
  • いしょう-まく    ―シヤウ― 【衣装幕】花見・遊山などの際,木に綱を渡して女性の美しい衣装を掛け,幕としたもの。小袖幕。「―の内には小唄交りの女中姿/浮世草子・諸国はなし 4」
  • いしょう-もち    ―シヤウ― [2] 【衣装持(ち)】衣服をたくさんもっていること。また,その人。