简体版 繁體版
登録 ログイン

いしわり-ざくら 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【石割(り)桜】
    盛岡地方裁判所構内にある,巨大な花崗岩(カコウガン)の割れ目に根を張ったエドヒガンザクラの古木。天然記念物。

  • いしわりざくら    【石割(り)桜】 盛岡地方裁判所構内にある,巨大な花崗岩(カコウガン)の割れ目に根を張ったエドヒガンザクラの古木。天然記念物。
  • いしわり    【石割(り)】 (1)石を割ること。 (2)〔建〕 石積みなどの工事で石の大きさ・位置などを設計して割り付けること。 (3)石を割る道具。[日葡]
  • いしわり-じごく    ―ヂ― [5] 【石割(り)地獄】衆合地獄
  • いしわり-せった    [5] 【石割(り)雪駄】近世,踵(カカト)に鉄片を打ちつけた雪駄。
  • いしわりじごく    【石割(り)地獄】 ⇒衆合地獄(シユゴウジゴク)
  • いしわりせった    【石割(り)雪駄】 近世,踵(カカト)に鉄片を打ちつけた雪駄。
  • おしわり    【押(し)割り】 「押し割り麦」の略。
  • おしわり-むぎ    [5] 【押(し)割り麦】押しつぶして割った大麦。おしわり。ひき割り麦
  • だしわり    【出し割り】 醤油・酢などを出し汁で薄めたもの。つけ汁・掛け汁などにする。
  • としわり    【年割(り)】 その年ごとに割り当てること。
  • なしわり    【梨子割(り)】 (1)刃物でなしの実を二つに切り割るように,真っ二つに切り裂くこと。 「捕(ト)つたとかかるを,から竹―車切り/浄瑠璃・夏祭」 (2)歌舞伎の小道具の一。顔を切りそがれたことを表すために用いる張り子の面。割れると真っ赤な綿が現れるもの。
  • あきざくら    【秋桜】 コスモスの異名。﹝季﹞秋。
  • あき-ざくら    [3] 【秋桜】コスモスの異名。[季]秋。
  • あさぎ-ざくら    [4] 【浅葱桜】サトザクラの一品種。黄色みを帯びた緑色の花をつけるもの。
  • あさざくら    【朝桜】 朝露をおびて咲く清らかな桜。