简体版 繁體版
登録 ログイン

いし-ざら 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [0] 
    【石皿】

    (1)中央がへこんだ皿形の縄文時代の石器。果実・穀類などをすりつぶして粉にするために用いた。
    磨り石
    (2)江戸時代,街道茶屋で煮しめ皿として用いられていた陶器または炻器(セツキ)の皿。

  • いしざら    【石皿】 (1)中央がへこんだ皿形の縄文時代の石器。果実・穀類などをすりつぶして粉にするために用いた。 →磨(ス)り石 (2)江戸時代,街道茶屋で煮しめ皿として用いられていた陶器または炻器(セツキ)の皿。
  • ざら    ※一※ ◎ (形動) どこにでもあって珍しくないさま。ありふれているさま。 「そんな話は―にある」 ※二※ ① (名) (1)「ざら紙」の略。 「―一しめ」 (2)「ざらめ糖」の略。 「赤―」
  • ざら-ざら    ■一■ [0] (形動)物の表面が滑らかでないさま。手触りが粗くひっかかるさま。「廊下が砂で―になる」「手が―に荒れる」■二■ [1] (副)スル(1)砂・砂利・豆など粒状のものが触れ合う音を表す語。「豆を―(と)袋に入れる」(2)粗く滑らかでないさま。「舌が荒れて―(と)する」「―した声」
  • ざらざら    ※一※ ◎ (形動) 物の表面が滑らかでないさま。手触りが粗くひっかかるさま。 「廊下が砂で―になる」「手が―に荒れる」 ※二※ ① (副) (1)砂・砂利・豆など粒状のものが触れ合う音を表す語。 「豆を―(と)袋に入れる」 (2)粗く滑らかでないさま。 「舌が荒れて―(と)する」「―した声」
  • うけ-ざら    [2][0] 【受(け)皿】(1)しずくなどが落ちるのを受けるために,醤油さし・カップなどの下に敷く皿。(2)物事を引き継ぐための受け入れ態勢。「政権の―づくり」
  • えざら    【絵皿】 (1)静物・風景などの絵をかいた室内装飾用の皿。 (2)日本画で,絵の具を溶かす皿。絵の具皿。
  • え-ざら    ヱ― [1] 【絵皿】(1)静物・風景などの絵をかいた室内装飾用の皿。(2)日本画で,絵の具を溶かす皿。絵の具皿。
  • かく-ざら    [0] 【角皿】四角形の皿。
  • かし-ざら    クワシ― [2] 【菓子皿】菓子を盛る皿。
  • がく-ざら    [0] 【額皿】額のように飾る絵皿。
  • きく-ざら    [2][0] 【菊皿】菊の花の形をした皿。また,菊の模様のついた陶器製の皿。
  • きざら    【木皿】 木製の皿。
  • き-ざら    [1] 【木皿】木製の皿。
  • こざら    【小皿】 小さく浅い皿。てしおざら。
  • こ-ざら    [0][1] 【小皿】小さく浅い皿。てしおざら。