简体版 繁體版
登録 ログイン

いそうろう 意味

読み方:
"いそうろう"の例文"いそうろう"の英語"いそうろう"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【居候】
    他人の家にただでおいてもらうこと。寄食すること。また,その人。食客。
    「姉夫婦のところに―している」
    ――角(カク)な座敷を丸く掃(ハ)き
    居候は無責任でいいかげんなことをするの意。
    ――三杯目にはそっと出し
    居候は厄介になっている負い目から,すべてに遠慮がちなこと。

  • いそうろうの    寄食
  • さいそうろう    【採桑老】 雅楽の一。左方。盤渉(バンシキ)調。舞楽は廃絶したが,一人舞で,老翁の面をつけ,鳩杖(ハトヅエ)をつき,老衰で歩行に苦しむさまを舞ったという。さいしょうろう。採桑子(サイソウシ)。
  • そうそうろうろう ◎-    【蹌蹌踉踉】 よろめき歩くさま。蹌踉。 「酔歩蹣跚―として及ぶべからず/花柳春話(純一郎)」
  • い-そうろう    ヰサウラフ [4][0] 【居候】 (名)スル他人の家にただでおいてもらうこと。寄食すること。また,その人。食客。「姉夫婦のところに―している」――角(カク)な座敷を丸く掃(ハ)き 居候は無責任でいいかげんなことをするの意。――三杯目にはそっと出し 居候は厄介になっている負い目から,すべてに遠慮がちなこと。
  • そうろう    【滄浪】 中国,湖北省を南流する漢水の分流の夏水。また,漢水のことともいう。 ――の水清(ス)まば以(モツ)て我が纓(エイ)を濯(アラ)うべし 〔楚辞(漁父)〕 滄浪の水がきれいなときは冠のひもを洗い,濁っているときには足を洗おう,の意。何事も自然のなりゆきにまかせるべきだということ。 ; 【候ふ】 〔「さぶらふ」の転〕 (1)目上の人のそばに仕える。伺候する。 「御前に―・はせ給ふ女房たち/
  • そうろう-てい    サウラウ― 【滄浪亭】中国,江蘇省蘇州市にある名勝。広陵王銭元璙の別園に北宋の蘇舜欽が築いた亭の名。
  • そうろう-ぶん    サウラフ― [3][0] 【候文】書簡に多く用いられた文語体の文章の一種。「ございます・ます」などにあたるところに「候」という丁寧語を使って書く。鎌倉時代にほぼ整い,江戸時代には公用文にも用いられた。明治以後,学校教育でも教えたが,現在はほとんど用いられない。
  • とうろう-そう    ―サウ [0] 【灯籠草】セイロンベンケイの異名。
  • べく∘そうろう    ―サウラフ 【べく候】 (連語)(推量の助動詞「べし」の連用形に補助動詞「そうろう(候)」の付いたもの。中世以降,書簡文に多く用いられる)「べし」の意を丁寧に言い表す。自分自身の意志や,相手への依頼・勧誘などの意を表すことが多い。…するつもりです。…してくださいませ。「いろいろの御仏おこなはせ給ふ―∘候。あなかしこ/東寺百合文書」「万あすあさての程まゐり候て申候―∘候。かしこ/実隆公記紙背文書
  • かいそうろく    【回想録】 歴史的な出来事について,当時を思い出して書いた記録。回顧録。メモワール。
  • ずいそうろく    【随想録】 〔原題 (フランス) Les Essais〕 モンテーニュ著。三巻。1580~95年刊。自己を語りつつ,読む者を人間性一般の考察に導く。モラリスト文学の代表的作品。エッセー。
  • めいそうろく    【瞑想録】 「パンセ」の日本語訳名。
  • そうそう-ろうろう    サウサウラウラウ [0]-[0] 【蹌蹌踉踉】 (ト|タル)[文]形動タリよろめき歩くさま。蹌踉。「酔歩蹣跚―として及ぶべからず/花柳春話(純一郎)」
  • ござそうろう    【御座候ふ】 〔「ござあり」の「あり」を「候ふ」に代えて丁寧の意を添えた語〕 (1)「ある」「いる」に尊敬・丁寧の意を添えたもの。いらっしゃいます。 「自然居士(ジネンコジ)の雲居寺に―・ふ程に/謡曲・自然居士」 (2)(補助動詞) 補助動詞「ござある」の丁寧語。 「今藤にて―・ふと申上給へ/三河物語」
  • しそう-のうろう    ―サウ― [4] 【歯槽膿漏】炎症などによって歯の周囲の組織が破壊され,歯茎から膿や血が出たり,歯がぐらついたりする疾患の総称。口臭や歯の脱落を伴い,咀嚼(ソシヤク)機能が著しく低下する。

例文

  • いそうろう しているのか?
  • この「いそうろう」は、映画に関連した書きかけ項目です。
  • この「いそうろう」はテレビ番組に関連した書きかけ項目です。
  • いそうろう』(Pet Peeve 1954年11月20日)は『トムとジェリー』の作品のひとつ。
  • オープニングは「いそうろう」の音楽を使用し、エンディングは「DVD全10巻のジャケット」画面で曲はTBS版を使用しクレジットになっている。
  • 途中で山川均と会って、同じ岡山出身の福田英子の家に居候(いそうろう)し、『世界婦人』発行の原稿取りや校正、福田家の家事手伝いをしながら、堺利彦、幸徳秋水、石川三四郎、荒畑寒村、菅野すがら社会主義者の人柄に接する。