简体版 繁體版
登録 ログイン

いたく-かこうぼうえき 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ヰ― [7] 
    【委託加工貿易】

    加工貿易の一種。海外の委託者との契約のもとに,原材料を輸入し加工した製品を輸出する貿易方式。

  • いたくかこうぼうえき    【委託加工貿易】 加工貿易の一種。海外の委託者との契約のもとに,原材料を輸入し加工した製品を輸出する貿易方式。
  • かこうぼうえき    【加工貿易】 原材料を外国から輸入し,国内で加工した物を輸出する貿易。 →委託加工貿易 →中継(ナカツギ)貿易 →仲介貿易
  • ほぜいかこうぼうえき    【保税加工貿易】 輸入した原材料を保税地域で加工して輸出すること。
  • ほぜい-かこうぼうえき    [7] 【保税加工貿易】輸入した原材料を保税地域で加工して輸出すること。
  • かこう-ぼうえき    [4] 【加工貿易】原材料を外国から輸入し,国内で加工した物を輸出する貿易。委託加工貿易委託加工貿易.html">委託加工貿易仲介貿易
  • いたく-かこう    ヰ― [4] 【委託加工】原料を提供して,加工を委託すること。
  • じゆうぼうえきこう    【自由貿易港】 ⇒自由港(ジユウコウ)
  • ちょうこうぼうえき    【朝貢貿易】 中国が中華思想に基づいて他国と行なってきた貿易形態。明代に確立。他国は明に対し朝貢の形をとり,年度・数量・人数・経路・入国地点・取引商人・貿易品目・日数などを厳重に規定された。
  • いたくかこう    【委託加工】 原料を提供して,加工を委託すること。
  • ぼうえん-かこう    バウ― [5] 【防炎加工】難燃加工
  • かんごうぼうえき    【勘合貿易】 室町時代,勘合{(2)}を用いて行なった合法的日明貿易。幕府の朝貢の形式をとったが経営は有力守護大名や寺院が行い,応仁の乱後は大内氏が独占。銅・硫黄・刀剣などを輸出し,銅銭・生糸・絹織物などを輸入した。
  • じゆうぼうえき    【自由貿易】 国家が商品の輸出入についてなんらの制限または保護を加えない貿易。輸入税・輸入制限・為替管理・国内生産者への補助金・ダンピング関税などのない状態。 →保護貿易 →管理貿易
  • とうほうぼうえき    【東方貿易】 一一世紀頃から,イタリアの諸都市の商人が地中海東岸地域で行なった貿易。イスラム商人のもたらすアジアの香料・絹織物を銀や毛織物と交換した。インド航路の完成により一六世紀以降衰退。レバント貿易。
  • にっそうぼうえき    【日宋貿易】 平安中期から鎌倉中期にかけて,日本と宋との間に行われた貿易。特に平清盛は大輪田泊(オオワダノトマリ)を開き瀬戸内航路を整理するなど,貿易の振興をはかった。また,宋銭の輸入は以後の貨幣経済の進展に大きな役割を果たした。
  • ぼうえんかこう    【防炎加工】 ⇒難燃(ナンネン)加工