简体版 繁體版
登録 ログイン

いたずら好きの 意味

読み方:
"いたずら好きの"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 遊び好きな
  • やんちゃな
  • いたずら好き    やんちゃな子供; 悪戯好き; 乱暴者
  • いたずら好きな    腕白
  • いたずら    【徒】 ※一※ (形動ナリ) (1)無益であるさま。役に立たないさま。無駄で価値のないさま。現代では「いたずらに」の形で副詞的に用いる。 「―なる所は,耳のはた鼻のみねなりけり/宇津保(俊蔭)」 (2)することもなく,手もちぶさたなさま。ひまなさま。 「舟もいださで―なれば/土左」 (3)役に立っていないさま。 「南の町には―なる対などもなし/源氏(玉鬘)」 →いたずら(悪戯) ※二※ (名)
  • いたずらな    やんちゃ; 腕白; 行儀が悪い; ふざけた; わんぱく; からかいの; いけない; わんぱくな; たわむれる; やんちゃな
  • いたずらに    【徒らに】 〔形容動詞「いたずら」の連用形から〕 無駄に。むなしく。 「―会議を混乱させる」「―時間が過ぎる」
  • いたずらね    【徒寝】 待っている人の訪れて来ない,寂しいひとり寝。いたずらぶし。あだぶし。いたずらいね。 「人待ちて泣きつつ明かす夜な夜なは―にもなりぬべきかな/伊勢集」
  • いたずら者    見習い水夫; 無頼漢; 皿洗いをする人; 炊事場の下働き; 下級水夫; ケビンボーイ
  • いたずら-いね    イタヅラ― 【徒稲】実のならない稲。和歌で多く「徒寝(イタズライネ)」にかける。「―をなににつままし/後撰(恋四)」
  • いたずら-がき    イタヅラ― [0] 【悪戯書き・徒書き】(1)書いてはいけない所に,文字・絵などを書くこと。また,その文字など。(2)遊びの気持ちで文字・絵などを書くこと。また,その文字など。
  • いたずら-ごと    イタヅラ― 【徒事】(1)無益なこと。役に立たないこと。「つれづれと―を書きつめて/千載(雑下)」(2)みだらなこと。うわついたこと。「―の心から,御恩の深いおとつさんを,都に残してこのつとめ/人情本・娘節用」
  • いたずら-に    イタヅラ― [0] 【徒らに】 (副)(形容動詞「いたずら」の連用形から)無駄に。むなしく。「―会議を混乱させる」「―時間が過ぎる」
  • いたずら-ね    イタヅラ― 【徒寝】待っている人の訪れて来ない,寂しいひとり寝。いたずらぶし。あだぶし。いたずらいね。「人待ちて泣きつつ明かす夜な夜なは―にもなりぬべきかな/伊勢集」
  • いたずら-ばな    イタヅラ― 【徒花】咲いても実のならない花。あだばな。むだばな。「恋の花や,―やうちや匂ひわたつた/浄瑠璃・平家女護島」
  • いたずら-びと    イタヅラ― 【徒人】(1)役に立たない人。不用な人。「かく―にていますがる/宇津保(あて宮)」(2)落ちぶれた人。官職を失った人。「かく―にて侍れば,官位の用も侍らねど/宇津保(国譲上)」(3)亡き人。死んだ人。「―見たてまつりたる心地すれ。死にて臥し給へりしさまよ/宇津保(国譲下)」
  • いたずら-ぶし    イタヅラ― 【徒臥し】「徒寝(イタズラネ)」に同じ。「君はとけてもねられ給はず,―と思さるるに/源氏(帚木)」

例文

  • いたずら好きの一面を表現していました
  • 世界樹に住み着く、いたずら好きの精霊。
  • ^ 『夏の夜の夢』いたずら好きの妖精。
  • 負けん気が強くいたずら好きのガキ大将。
  • いたずら好きのトラブルメーカー。
  • ものまねとダンスが得意ないたずら好きの幽霊。
  • いたずら好きの妖精の双子の妹。
  • いたずら好きの妖精の双子の兄。
  • いたずら好きのカボチャの怪人。
  • 何にでも興味を示すいたずら好きのわんぱく小僧。
  • もっと例文:  1  2  3  4  5