简体版 繁體版
登録 ログイン

いたみ-ふう 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【伊丹風】
    摂津伊丹に栄えた俳諧の一派。池田宗旦を祖とし,口語を使った奇抜な作風。上島鬼貫(オニツラ)を中心に森本蟻道・上島才人・鹿島後村・森本百丸らが集まったが,鬼貫の没後衰えた。

  • いたみふう    【伊丹風】 摂津伊丹に栄えた俳諧の一派。池田宗旦を祖とし,口語を使った奇抜な作風。上島鬼貫(オニツラ)を中心に森本蟻道・上島才人・鹿島後村・森本百丸らが集まったが,鬼貫の没後衰えた。
  • いたみ    【伊丹】 兵庫県南東部の市。住宅地として,また酒造業のほか諸工業が発達。隣接の大阪府豊中市との間に大阪国際空港(伊丹空港)がある。 ; 【伊丹】 姓氏の一。 ; 【痛み・傷み】 (1)(病・傷などによる)体の苦しさ。《痛》「手に―を感ずる」「―が走る」「―止め」 (2)精神的苦痛。悩み。悲しみ。 「心の―」 (3)腐敗。《傷》「―のはやい食品」 (4)破損。《傷》「靴の―がひどい」
  • いただたみ    【板畳】 (1)板を芯(シン)に入れて作った畳。床の間などに用いる。 (2)「板敷(イタジキ)」に同じ。
  • いたみいる    【痛み入る】 (1)相手の親切・好意に恐縮する。現代では,挨拶に用いることが多い。 「御丁寧なことで―・ります」 (2)相手の厚かましさにあきれる。 「さう無遠慮ではとッともう―・る/桐一葉(逍遥)」
  • いたみざけ    【伊丹酒】 摂津(セツツ)(今の兵庫県)の伊丹で産した清酒。江戸時代を通じて最上酒とされた。伊丹諸白(モロハク)。
  • いたみもの    【痛み物】 (1)壊れたもの。腐ったもの。 (2)壊れやすいもの。腐りやすいもの。
  • いたみわけ    【傷み分け・痛み分け】 相撲で,取組中に一方または両方の力士が負傷して引き分けとなること。
  • いたみ-い・る    [4] 【痛み入る】 (動ラ五[四])(1)相手の親切・好意に恐縮する。現代では,挨拶に用いることが多い。「御丁寧なことで―・ります」(2)相手の厚かましさにあきれる。「さう無遠慮ではとッともう―・る/桐一葉(逍遥)」
  • いたみ-ざけ    [3] 【伊丹酒】摂津(セツツ)(今の兵庫県)の伊丹で産した清酒。江戸時代を通じて最上酒とされた。伊丹諸白(モロハク)。
  • いたみ-もの    [4][0] 【痛み物】(1)壊れたもの。腐ったもの。(2)壊れやすいもの。腐りやすいもの。
  • いたみ-わけ    [0] 【傷み分け・痛み分け】相撲で,取組中に一方または両方の力士が負傷して引き分けとなること。
  • いた-だたみ    [3] 【板畳】(1)板を芯(シン)に入れて作った畳。床の間などに用いる。(2)「板敷(イタジキ)」に同じ。
  • お-いたみ    〔女房詞〕 塩。おいた。[大上臈御名之事]
  • お-いたみ    (女房詞)塩。おいた。[大上臈御名之事]
  • したみいた    【下見板】 家の外側の下見に張る板。