简体版 繁體版
登録 ログイン

いだし-あこめ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【出衵】
    「いだしぎぬ{(1)}」に同じ。「直衣(ノウシ)のながやかにめでたき裾より,青き打たる―して/宇治拾遺 11」

  • いだしあこめ    【出衵】 「いだしぎぬ{(1)}」に同じ。 「直衣(ノウシ)のながやかにめでたき裾より,青き打たる―して/宇治拾遺 11」
  • あこめ    【吾子女】 少女を親しんで呼ぶ語。 「田中の井戸に光れる田水葱(タナギ),摘め摘め―/催馬楽」 ; 【衵・袙】 〔「間籠(アイコメ)」の転か〕 (1)中古の,男子の中着。束帯のときは下襲(シタガサネ)と単(ヒトエ)の間,衣冠のときは袍(ホウ)と単の間に着た。通常は腰丈で袴(ハカマ)の中に入れて着た。直衣(ノウシ)では,下着の衣をいい,出衵(イダシアコメ)とした。 (2)中古,女子の中着。表着
  • あこめぎぬ    【衵衣】 「あこめ{(1)}」に同じ。[和名抄]
  • あこめ-おうぎ    ―アフギ [4] 【衵扇】「檜扇(ヒオウギ){(2)}」に同じ。
  • あこめ-ぎぬ    【衵衣】「あこめ{(1)}」に同じ。[和名抄]
  • あこめ-すがた    【衵姿】少女の,汗衫(カザミ)も着ないで,衵だけを着ている姿。「わらはべなど,をかしき―うちとけて/源氏(野分)」
  • あこめ-ばかま    【衵袴】女性が衵を着るときに着ける袴。
  • いつつ-あこめ    [4] 【五つ衵】女房装束で,あこめを五枚重ねて着るもの。
  • うちあこめ    【打ち衵】 砧(キヌタ)で打って光沢を出した衵。
  • うち-あこめ    【打ち衵】砧(キヌタ)で打って光沢を出した衵。
  • あこめおうぎ    【衵扇】 「檜扇(ヒオウギ){(2)}」に同じ。
  • あこめすがた    【衵姿】 少女の,汗衫(カザミ)も着ないで,衵だけを着ている姿。 「わらはべなど,をかしき―うちとけて/源氏(野分)」
  • あこめばかま    【衵袴】 女性が衵を着るときに着ける袴。
  • いつつあこめ    【五つ衵】 女房装束で,あこめを五枚重ねて着るもの。
  • いだし    【出】 (動詞「出だす」の連用形)