简体版 繁體版
登録 ログイン

いちごう 意味

読み方:
"いちごう"例文"いちごう"の英語"いちごう"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【一合】
    ※一※ (名)
    (1)尺貫法の量の単位。一升の一〇分の一。
    「―升」
    (2)尺貫法の土地の面積の単位。一坪または一歩の一〇分の一。
    「二坪―」
    (3)山のふもとから頂上までの路程の一〇分の一。
    「―目」
    (4)戦闘や剣道などで,刀と刀とを一度打ち合わせること。
    「―二合と斬(キ)り結ぶ」
    ※二※ (副)
    〔「一合」が少量であることから〕
    いささか。少し。
    「自分に於て―も非道の沙汰は致さねども/浄瑠璃・八百屋お七」
    〔副詞的用法の場合,アクセントは ◎〕

  • 【一毫】
    〔「毫」は毛筋の意〕
    ごくわずか。寸毫。
    「―の隙(スキ)もない」

  • 【一業】
    〔仏〕 善悪の報いをもたらす一つの行為。
    「御菩提をも弔ひたてまつり,―をも浮かび給ふかと思ふにこそ/平治(下)」

  • ていちごう    【手一合】 両手ですくった分量。約一合の米。分量の少ないことをたとえていう。 「―でも御扶持を戴ましたらば/浄瑠璃・忠臣蔵」
  • て-いちごう    ―イチガフ 【手一合】両手ですくった分量。約一合の米。分量の少ないことをたとえていう。「―でも御扶持を戴ましたらば/浄瑠璃・忠臣蔵」
  • いっし-いちごう    ―ガウ [1][1]-[0] 【一糸一毫】きわめてわずかなこと。「―の狂いもない」
  • いちごうしょかん    【一業所感】 〔仏〕 何人かの人が前世における同じ業(ゴウ)によって,それに相当する同じ報いを受けること。共業共果。 「―の身なれば,先世の芳縁も浅からず/平家 3」
  • いちごうまいた    【一合播いた】 香川県の民謡で,盆踊り唄。源流は豊作祈願のための豊年踊り唄。
  • いちごう-しょかん    ―ゴフ― [0][5] 【一業所感】(仏) 何人かの人が前世における同じ業(ゴウ)によって,それに相当する同じ報いを受けること。共業共果。「―の身なれば,先世の芳縁も浅からず/平家 3」
  • いっしいちごう ①①-    【一糸一毫】 きわめてわずかなこと。 「―の狂いもない」
  • せいれい-にひゃくいちごう    ―ガウ 【政令二〇一号】1948年(昭和23)マッカーサー書簡に基づいて発令された,公務員の争議権・団体交渉権を否定した政令。ポツダム政令の一。
  • いちご    【一期】 〔もと仏教語〕 (1)人が生まれてから死ぬまでの間。一生。一生涯。 「―の不覚」「―の思い出」 (2)臨終。末期(マツゴ)。 ――栄えた 一生涯幸せに繁栄した。昔話の結びの句。市が栄えた。 ; 【一語】 (1)一つの語。 (2)短い言葉。一言半句。 「―も発しない」 ; 【苺・莓】 バラ科の草本または小低木。オランダイチゴ・ノイチゴ・ヘビイチゴ・キイチゴなどの総称。一般には,栽培さ
  • いちご-いちえ    ―ヱ [2]-[2] 【一期一会】(1)(茶会に臨む際には,その機会は一生に一度のものと心得て,主客ともに互いに誠意を尽くせ,の意)一生に一度だけ出る茶の湯の会。(2)一生に一度だけの機会。
  • せいれいにひゃくいちごう    【政令二〇一号】 1948年(昭和23)マッカーサー書簡に基づいて発令された,公務員の争議権・団体交渉権を否定した政令。ポツダム政令の一。
  • うちごうし    【内格子】 (1)家の内側に持ち上げて開ける格子。 ⇔外格子 (2)家の内側にある格子。 ⇔外格子 (3)江戸時代の歌舞伎劇場の桟敷の名。東西上桟敷(ウワサジキ)の舞台から八間をいった。
  • いちごいろ    【苺色】 イチゴの実のような紫がかった赤色。
  • いちごの実    いちご
  • いちごぶん    【一期分】 鎌倉末期から室町時代にかけて行われた所領相続の形態。その者の生存中に限って領有が認められるもの。女子や庶子の相続に多く,所領の細分化を防ぐため,領有者の死後,総領などへ返還された。一期所領。 ; 【一語文】 一単語からなる文。「泥棒!」「痛い!」などや,幼児が言う「おんも」「だっこ」など。