简体版 繁體版
登録 ログイン

いちじかんすう 意味

読み方:
"いちじかんすう"の英語"いちじかんすう"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 【一次関数】
    変数の一次式で表される関数。x を変数としたときの ax+b など。
    →関数

  • いちじ-かんすう    ―クワン― [4] 【一次関数】変数の一次式で表される関数。x を変数としたときの ax+b など。関数
  • にじかんすう    【二次関数】 二次式 y=ax²+bx+c(a≠0)で表される関数。
  • まちじかん    【待ち時間】 待ち受けている時間。待つのに費やす時間。 「タクシーの―」
  • もちじかん    【持(ち)時間】 割り当てられる一定の時間。 「五分ずつの―で意見を発表する」「対局の―」
  • いちじかいこ    【一時解雇】 ⇒レイオフ
  • しすう-かんすう    ―クワン― [4] 【指数関数】a を 1 でない正の定数,x を変数とするとき,y=ax の形の関数を,a を底とする指数関数という。
  • てまちじかん    【手待ち時間】 労働時間の中でありながら,所定の労働に従事することなく待機している時間。
  • いん-かんすう    ―クワンスウ [3] 【陰関数】二つの変数 x,y について,関係式 F(x, y)=0 で x の関数 y が定義されている関数をいう。例えば,x²+y²-1=0, x²+2xy+y²=1 など。陰伏関数。陽関数
  • えん-かんすう    ヱンクワンスウ [3] 【円関数】三角関数
  • かんすう    【巻数】 (1)〔古く書物が巻物であったところから〕 あるまとまった書物の冊数。 (2)映画フィルムや録音・録画テープの本数。 ; 【関数】 〔数〕 〔function〕 二つの変数 x・y の間に,ある対応関係があって,x の値が定まるとそれに対応して y の値が従属的に定まる時の対応関係。また,y の x に対する称。この時 x は単に変数または独立変数と呼ばれる。y が x の関数である
  • かんすうじ    【漢数字】 数を表す漢字。「一・二・三・十・百・千・万・億・兆」など。
  • かんすう-ろん    クワン― [3] 【関数論】変数も関数値も複素数であるような関数(特に解析関数)について研究する数学の一部門。フランスのコーシー,ドイツのリーマンなどによって創始された。複素関数論。
  • きかんすう    【奇関数】 〔数〕 f(-x)=-f(x)となるような関数。奇関数 y=f(x)のグラフは原点に関して対称である。例えば y=x³ など。 ⇔偶関数
  • き-かんすう    ―クワンスウ [2] 【奇関数】(数) f(-x)=-f(x)となるような関数。奇関数 y=f(x)のグラフは原点に関して対称である。例えば y=x³ など。偶関数
  • ぐう-かんすう    ―クワンスウ [3] 【偶関数】(数) f(-x)=f(x)となるような関数。偶関数 y=f(x)のグラフは y 軸に関して対称である。例えば y=x4 など。奇関数