简体版 繁體版
登録 ログイン

いちじはいりょう 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【一字拝領】
    主君からその名の一字を賜って諱(イミナ)につけること。一字御免。
    →一字状

  • いちじ-はいりょう    ―リヤウ [2] 【一字拝領】主君からその名の一字を賜って諱(イミナ)につけること。一字御免。一字状
  • みょうじはいりょう    【名字拝領】 主君の名字を賜って自分の名字とすること。
  • はいりょう    【拝領】 貴人や目上の人から物をいただくこと。 「殿様より―の刀」「諸国の庄園を―して/日本開化小史(卯吉)」
  • いちじりょうよう    【一事両様】 一つのことを二通りに言うこと。説を変えること。二枚舌。 「今はまたさう言はぬとは―なる事を/咄本・醒睡笑」
  • いちじ-りょうよう    ―リヤウヤウ 【一事両様】一つのことを二通りに言うこと。説を変えること。二枚舌。「今はまたさう言はぬとは―なる事を/咄本・醒睡笑」
  • いちじはんせん    【一字半銭】 ごくわずかの金銭。
  • みょうじ-はいりょう    ミヤウ―リヤウ [1] 【名字拝領】主君の名字を賜って自分の名字とすること。
  • いりょう-はいきぶつ    ―レウ― [6] 【医療廃棄物】医療機関から出る注射針・チューブなど医療器具をはじめとする廃棄物。特に微生物が付着し感染性をもつ廃棄物や温度計の水銀,放射性同位体などの有害物質の処理に注意を要する。1989年(平成1)厚生省は処理のためのガイドラインを設けた。
  • ごもんはいりょう    【御紋拝領】 主君の紋を賜ること。
  • ごもん-はいりょう    ―リヤウ [4] 【御紋拝領】主君の紋を賜ること。
  • せいたい-はいりょう    ―リヤウ [5] 【聖体拝領】カトリック教会で,聖体を受けること。聖体の秘跡。聖餐陪餐
  • はいすいりょう    【排水量】 船を水に浮かべたとき,船が押しのける水の量。その水の重さは船の重さに等しいので船の重量表示に用いられる。 →トン(1)(エ)
  • いしいりょういち    【石井亮一】 (1867-1937) 社会事業家。佐賀県生まれ。築地立教大学校在学中に受洗。滝乃川学園を創設,知的障害児教育に一生をささげた。
  • いちじ-ふさいり    [5][2]-[2] 【一事不再理】有罪・無罪または免訴の判決が確定した事件については,再び審理をすることを許さないとする刑事訴訟の原則。
  • はいりょ    【配慮】 心をくばること。他人や他の事のために気をつかうこと。 「相手の立場を―する」「―が足りない」