简体版 繁體版
登録 ログイン

いちにち-おき 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [6][5] 
    【一日置き】

    その日に事をして一日あいだを置いて,翌々日にまたその事をすること。隔日。

  • いちにちおき    【一日置き】 その日に事をして一日あいだを置いて,翌々日にまたその事をすること。隔日。
  • いちにち    【一日】 〔「いちじつ」とも〕 (1)午前零時から午後一二時までの称。 →ひ(日) (2)ある時刻から次の日の同一時刻までの二四時間。一昼夜。 「―早く到着する」 (3)朝から晩まで。終日。 「―の仕事を終える」 (4)ある日。 「初秋の―,郊外に遊ぶ」 (5)月の最初の日。ついたち。 (6)短い期間。 「ローマは―にして成らず」 〔副詞的用法の場合,アクセントは ◎〕 ――の長(チヨウ) ⇒
  • いちにち-がい    ―ガヒ 【一日買ひ】遊女を昼夜とも,買い切りにすること。「隔子(コウシ)の女郎ひとりも残さず―/浮世草子・一代男 5」
  • いちにち-さい    [4] 【一日祭】毎月一日,宮中の賢所・皇霊殿・神殿で行われた祭り。
  • いちにち-ばれ    [0] 【一日晴(れ)】(1)儀式の服装などを,その日一日だけ立派に装うこと。もと公家の風習であったが,のち庶民の間にも行われるようになった。一日晴の装束。(2)その日その時だけ使う器物。
  • いち-しちにち    [4] 【一七日】(七日間が一つの意)(1)人が死んでから数えて七日間。また,その七日目の日。初七日(シヨナノカ)。(2)七日間。「かくて―過ぎぬ/栄花(玉のむら菊)」
  • ひいちにち    【日一日】 日がたつにつれて変わっていくさまにいう語。一日ごとに。日増しに。多く「と」を伴って副詞的に用いる。 「―と春めく」
  • ひ-いちにち    【日一日】 (連語)日がたつにつれて変わっていくさまにいう語。一日ごとに。日増しに。多く「と」を伴って副詞的に用いる。「―と春めく」
  • いちにち-いちや    [6] 【一日一夜】一昼夜。
  • いちしちにち    【一七日】 〔七日間が一つの意〕 (1)人が死んでから数えて七日間。また,その七日目の日。初七日(シヨナノカ)。 (2)七日間。 「かくて―過ぎぬ/栄花(玉のむら菊)」
  • いちにちがい    【一日買ひ】 遊女を昼夜とも,買い切りにすること。 「隔子(コウシ)の女郎ひとりも残さず―/浮世草子・一代男 5」
  • いちにちさい    【一日祭】 毎月一日,宮中の賢所・皇霊殿・神殿で行われた祭り。
  • いちにちばれ    【一日晴(れ)】 (1)儀式の服装などを,その日一日だけ立派に装うこと。もと公家の風習であったが,のち庶民の間にも行われるようになった。一日晴の装束。 (2)その日その時だけ使う器物。
  • いちにち-きょう    ―キヤウ [4] 【一日経】(供養などのために)大勢で経典,主に法華経を一日の間に写し終えること。頓写(トンシヤ)。
  • いちにち-のばし    [5] 【一日延ばし】(判断や処理を)一日一日と延ばすこと。「―に延ばす」