简体版 繁體版
登録 ログイン

いちのみや-ながつね 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【一宮長常】
    (1721-1786) 江戸中期の金工家。越前の人。京で絵を石田幽亭に学ぶ。写生彫刻に秀で,江戸の横谷宗珉(ソウミン)に比せられた。

  • いちのみやながつね    【一宮長常】 (1721-1786) 江戸中期の金工家。越前の人。京で絵を石田幽亭に学ぶ。写生彫刻に秀で,江戸の横谷宗珉(ソウミン)に比せられた。
  • いちのみや    【一宮】 (1)愛知県北西部,濃尾平野中部の市。尾張一の宮の真清田(マスミダ)神社の門前町・市場町として発展。毛織物工業が発達し,繊維問屋が多い。 (2)愛知県南東部,宝飯(ホイ)郡の町。三河一の宮の砥鹿(トガ)神社がある。 (3)千葉県東部,長生郡の町。上総一の宮の玉前(タマサキ)神社がある。 (4)山梨県中部,東八代郡の町。甲斐一の宮の浅間(センゲン)神社がある。 (5)兵庫県西部,宍粟(
  • おんないちのみや    【女一の宮】 第一皇女。 「春宮(トウグウ)の御さしつぎの―をこなたに取り分きて/源氏(若菜下)」
  • おんな-いちのみや    ヲンナ― 【女一の宮】第一皇女。「春宮(トウグウ)の御さしつぎの―をこなたに取り分きて/源氏(若菜下)」
  • そちのみや    【帥の宮】 「帥の皇子(ミコ)」に同じ。
  • いちのみこ    【一の御子】 最初に生まれた皇子。第一皇子。一の宮。 「―は,右大臣の女御の御腹にて/源氏(桐壺)」
  • ひたちのみや    【常陸宮】 宮家。1964年(昭和39)昭和天皇の第二皇子義宮正仁親王が創立した。
  • おおくらながつね    【大蔵永常】 (1768-?) 江戸後期の農学者。豊後(ブンゴ)の人。各地の農業を見聞し,多くの農書を著して作物の普及に努める。著「広益国産考」「農家益」「農具便利論」など。
  • おおくら-ながつね    オホクラ― 【大蔵永常】(1768-?) 江戸後期の農学者。豊後(ブンゴ)の人。各地の農業を見聞し,多くの農書を著して作物の普及に努める。著「広益国産考」「農家益」「農具便利論」など。
  • みやもとつねいち    【宮本常一】 (1907-1981) 民俗学者。山口県大島生まれ。天王寺師範卒。日本各地を歩き,村に生きる人々の姿を温かく描いた民俗誌を数多く残す。著「忘れられた日本人」「家郷の訓」など。
  • みやもと-つねいち    【宮本常一】(1907-1981) 民俗学者。山口県大島生まれ。天王寺師範卒。日本各地を歩き,村に生きる人々の姿を温かく描いた民俗誌を数多く残す。著「忘れられた日本人」「家郷の訓」など。
  • おおしこうちのみつね    【凡河内躬恒】 平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。紀貫之と並ぶ延喜朝歌壇の重鎮。古今和歌集の撰者の一人。生没年未詳。家集「躬恒集」
  • ながおかのみやこ    【長岡の京】 ⇒長岡京(ナガオカキヨウ)
  • いち-がつ    ―グワツ [4] 【一月】(「いちげつ」とも)一年の中の第一番目の月。正月。むつき。太郎月。(副詞的用法の場合,アクセントは [0])[季]冬。《―や去年の日記なほ机辺/虚子》
  • のみや    【呑み屋】 (1)呑み行為をする取引所員。 (2)競馬・競輪などの呑み行為の胴元。 ; 【飲(み)屋】 酒を飲ませる小さい店。居酒屋。