简体版 繁體版
登録 ログイン

いちぶこばん 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【一分小判】
    ⇒一分金(イチブキン)

  • いちぶ-こばん    [4] 【一分小判】一分金
  • こばんいち    【小判市】 江戸時代,金相場を立てるため小判を売買した市。
  • こばん-いち    [2] 【小判市】江戸時代,金相場を立てるため小判を売買した市。
  • いちぶ-ばんきん    [0] 【一分判金】一分金
  • けいちょうこばん    【慶長小判】 慶長金の一。量目四・七三匁(モンメ),千分中金約八六三。
  • けいちょう-こばん    ケイチヤウ― [5] 【慶長小判】慶長金の一。量目四・七三匁(モンメ),千分中金約八六三。
  • いちぶばんきん    【一分判金】 ⇒一分金(イチブキン)
  • けいちょう-いちぶばんきん    ケイチヤウ― [0] 【慶長一分判金】慶長金の一。量目一・一八匁(モンメ),千分中金約八五六。慶長一分金。
  • こばん    【小判】 (1) ① 江戸時代の金貨の一。楕円形で,表裏に極印がある。発行時により大きさ・量目・品位などは異なるが,一枚一両として通用した。慶長小判・宝永小判など,十種が発行された。 (2) ① 「小判形(ガタ)」に同じ。 (3) ◎ 紙などの,判(ハン)の小さいもの。 ; 【小番】 (1)中世,朝廷や寺社で,交替制で勤務する制度をいう。 (2)「小番衆(シユウ)」に同じ。
  • いちぶ    【一分】 (1)長さの単位。一寸の一〇分の一。 →ぶ(分) (2)一割の一〇分の一。 「二割―」 (3)全体の一〇分の一。 「―咲き」 (4)ごくわずかなことのたとえ。 「―のすきもない」 (5)「一分金」「一分銀」の略。 (6)「一分の官」の略。 ; 【一部】 (1)一部分。ある部分。 ⇔全部 ⇔全体 「―の地域」「計画を―変更する」 (2)(書物・冊子などの)ひとまとまり。また,一冊。
  • うちぶこうさい    【打歩公債】 応募額が発行額より多く,時価が額面金額より高い公債。
  • ちちぶこせいそう    【秩父古生層】 埼玉県秩父地方に分布する古い地層群。そのかなりの部分が中生代のものと判明。
  • けいちょういちぶばんきん    【慶長一分判金】 慶長金の一。量目一・一八匁(モンメ),千分中金約八五六。慶長一分金。
  • えいじ-こばん    [4] 【永字小判】中央に菊花,上下左右に「永」の極印がある円形の小判。秀衡(ヒデヒラ)小判ともいい,陸奥(ムツ)国平泉の藤原秀衡が鋳造したというが未詳。
  • こばんがた    【小判形】 小判の形。長円形。