简体版 繁體版
登録 ログイン

いちょうがっき 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【移調楽器】
    記譜音と実音とが異なる楽器。管楽器に多く,変ロ調クラリネットの場合,譜面のハ音を奏すると実際には一全音低い変ロ音が出る。

  • いちょう-がっき    ―テウガク― [4] 【移調楽器】記譜音と実音とが異なる楽器。管楽器に多く,変ロ調クラリネットの場合,譜面のハ音を奏すると実際には一全音低い変ロ音が出る。
  • ようがっき    【洋楽器】 西洋の楽器。西洋の音楽の演奏に使う楽器。
  • いちょうがた    【銀杏形】 イチョウの葉のような形。円を四等分した形。
  • こっきょうがっさく    【国共合作】 中国国民党と中国共産党との政治提携。第一次(1924-1927)は共産党員が個人の資格で国民党に入党するという形で実現され,第二次(1937-1945)は抗日民族統一戦線結成のため,共産党が国民党に戦線加入を呼びかけ成立した。
  • じどうがっき    【自動楽器】 機械仕掛けで楽曲を演奏する仕組みになっている楽器の総称。オルゴール,自動ピアノの類。日本で明治時代に作られたものに紙腔琴(シコウキン)がある。
  • いちょうがえし    【銀杏返し】 婦人の髪形の一。髻(モトドリ)の上を左右に分けて半円形に結んだもの。江戸末期に広まり,明治以後も結われた。
  • いちょうがしら    【銀杏頭】 江戸時代の男の髪形の一。髷(マゲ)の先をイチョウの葉のように平たく広げたもの。
  • さいちょうがた    【細長型】 クレッチマーの分類による体型の一。身体がやせて細長いタイプで,分裂気質と関連があるとされる。やせ型。
  • だいちょうがん    【大腸癌】 大腸に発生する悪性腫瘍。約半数が直腸癌で,S 状結腸癌がそれに続く。
  • きゅうそうがっき    【弓奏楽器】 弓弦でこすって奏する楽器。大部分が弦楽器であることから擦弦楽器ともいう。
  • さっそうがっき    【擦奏楽器】 「擦弦(サツゲン)楽器」に同じ。
  • すいそうがっき    【吹奏楽器】 木管楽器・金管楽器などの管楽器。
  • ゆうこうがっき    【有簧楽器】 ⇒リード楽器(ガツキ)
  • しょうがっく    【小学区】 (1)小さい地域の学区。特に公立高校の学区で一学区一校の学区。 (2)1872年(明治5)の学制で定められた教育行政の最小区画。全国を八大学区に分け,各大学区を三二中学区に,各中学区を二一〇の小学区に分け,小学校一校を置いた。
  • しょうが-いち    シヤウ― [3] 【生姜市】東京都港区,芝大神宮の祭礼にたつ,ショウガを売る市。九月一一日から二一日までにぎわう。目腐れ市。[季]秋。