简体版 繁體版
登録 ログイン

いち-ぶつ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [0] 
    【一仏】

    一人の仏。また,同一の仏。「仏は様々在(イマ)せども実は―なりとかや/梁塵秘抄」

  • いちぶつ    【一仏】 一人の仏。また,同一の仏。 「仏は様々在(イマ)せども実は―なりとかや/梁塵秘抄」 ; 【一物】 一つの物。
  • むいちぶつ    【無一物】 「むいちもつ(無一物)」に同じ。
  • む-いちぶつ    [3] 【無一物】「むいちもつ(無一物)」に同じ。
  • いちぶつ-せかい    [5] 【一仏世界】(仏) 一仏が利益(リヤク)を施す範囲。一仏土。一仏国土。
  • ていちゃく-ぶつ    [4] 【定着物】(法) 土地に付着し,継続的にその状態で使用されることが,社会通念上認められる物。建物・樹木や土地に作りつけられた機械などがこれにあたる。
  • いちねん-しょくぶつ    [6] 【一稔植物】初めての開花結実後,枯死する植物。一年生草本のほか,タケ・ササ類,リュウゼツランなどがある。
  • いちぶつじょうど    【一仏浄土】 〔仏〕 (1)一人の仏の支配する浄土。阿弥陀仏の極楽浄土,薬師仏の浄瑠璃世界など。一仏世界。一仏土。 (2)一仏の支配する浄土に往生すること。 「来世にては必ず―の縁となり奉るべし/義経記 8」
  • いちぶつせかい    【一仏世界】 〔仏〕 一仏が利益(リヤク)を施す範囲。一仏土。一仏国土。
  • いちぶつ-じょうど    ―ジヤウ― [5] 【一仏浄土】(仏)(1)一人の仏の支配する浄土。阿弥陀仏の極楽浄土,薬師仏の浄瑠璃世界など。一仏世界。一仏土。(2)一仏の支配する浄土に往生すること。「来世にては必ず―の縁となり奉るべし/義経記 8」
  • いちぶつ-じょうどう    ―ジヤウダウ [0] 【一仏成道】(仏) 一人の仏が悟りを開くことによって,一切の生けるものが成仏できること。「土砂,山河草木も,―の法味に引かれて/謡曲・野守」
  • しょうぶつ-いちにょ    シヤウ― [1]-[2] 【生仏一如】常識的には大きな差違のある衆生と仏とが,究極的な本性において同一で差別がないこと。生仏不二。凡聖(ボンシヨウ)一如。
  • ていちゃくぶつ    【定着物】 〔法〕 土地に付着し,継続的にその状態で使用されることが,社会通念上認められる物。建物・樹木や土地に作りつけられた機械などがこれにあたる。
  • いちねんしょくぶつ    【一稔植物】 初めての開花結実後,枯死する植物。一年生草本のほか,タケ・ササ類,リュウゼツランなどがある。
  • いちねんせいしょくぶつ    【一年生植物】 一年以内に発芽・生長・開花・結実を完了し,枯死する草本植物。イネ・カボチャ・アサガオなど。一年草。一年生草本。
  • いちねん-せい-しょくぶつ    [8] 【一年生植物】一年以内に発芽・生長・開花・結実を完了し,枯死する草本植物。イネ・カボチャ・アサガオなど。一年草。一年生草本。