简体版 繁體版
登録 ログイン

いち-れつ 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • [2] 
    【一列】
     (名)スル
    (1)一つの列。ひと並び。「―に並ぶ」
    (2)同じ仲間。同類。また,同類として扱うこと。「法兄・法弟に及ぼし,―せしむべからず/正法眼蔵」

  • いちれつ    【一列】 (1)一つの列。ひと並び。 「―に並ぶ」 (2)同じ仲間。同類。また,同類として扱うこと。 「法兄・法弟に及ぼし,―せしむべからず/正法眼蔵」
  • いちれついったい    【一列一体】 同類。似たようなもの。また,同じようであるさま。 「よそ目には―,平等無差別/吾輩は猫である(漱石)」
  • いちれつ-いったい    [0] 【一列一体】 (名・形動)同類。似たようなもの。また,同じようであるさま。「よそ目には―,平等無差別/吾輩は猫である(漱石)」
  • れつ    【列】 ※一※ ① (名) (1)長く並んだもの。行列。 「―を作る」「―を乱す」 (2)仲間。 「閣僚の―に加わる」 (3)〔数〕(ア)ある一定の規則に従って数などを並べたもの。「数―」「点―」(イ)行列または行列式で,たての並びをいう。 ※二※ (接尾) 助数詞。並んでいるもののつらなりを数えるのに用いる。 「トマトは二―五百円だよ」
  • れつ-れつ    [0] 【烈烈】 (ト|タル)[文]形動タリ気迫・炎などの勢いがはげしいさま。「―たる闘志」「灰散り火飛むで,障子天井畳襖の嫌なく―と燃え上りぬ/自然と人生(蘆花)」
  • れつれつ    【烈烈】 気迫・炎などの勢いがはげしいさま。 「―たる闘志」「灰散り火飛むで,障子天井畳襖の嫌なく―と燃え上りぬ/自然と人生(蘆花)」
  • あれつ    【あ列・ア列】 ⇒あ段(ダン)
  • あ-れつ    [1] 【あ列・ア列】あ段
  • いれつ    【威烈】 勢いの激しいこと。激しい威力。 ; 【遺烈】 先人のなした立派な功績。
  • いん-れつ    [0] 【陰裂】女性外性器の,左右の陰唇によって囲まれている裂け目のこと。
  • い-れつ    ヰ― [1] 【威烈】勢いの激しいこと。激しい威力。
  • うれつ    【う列・ウ列】 「う段」に同じ。 ; 【雨裂】 雨水の流れによって地表面にできる谷状の地形。ガリー。
  • う-れつ    [1] 【う列・ウ列】「う段」に同じ。
  • えい-れつ    [0] 【曳裂】両方から引っ張る力によって地盤が裂け,それに沿って,階段状断層や地溝を生ずること。
  • おう-れつ    ワウ― [0] 【横列】横に並ぶこと。また,その列。縦列