简体版 繁體版
登録 ログイン

いっかいにく 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【一塊肉】
    〔宋史(帝昺紀)〕
    ただ一人の子。ひとつぶだね。

  • いっかい-にく    ―クワイ― [3] 【一塊肉】(宋史(帝昺紀))ただ一人の子。ひとつぶだね。
  • いっかい    【一回】 (1)ひとたび。いっぺん。一度。 「―限り」 〔副詞的用法の場合,アクセントは ◎〕 (2)ひとまわり。 (3)小説などの一章。また,第一章。 (4)野球で,最初の回。 「―の表」 ; 【一介】 〔「介」は「芥(アクタ)」に通ずる〕 つまらない一人。取るに足りない一人。 「―の小市民」 ; 【一階】 (1)二階以上の建物で,床が地面に一番近い階。 (2)位階の等級の一段。 (3)
  • いっかいき    【一回忌】 ⇒一周忌(イツシユウキ)
  • いっかい-き    ―クワイ― [3] 【一回忌】一周忌
  • いっかい-せい    ―クワイ― [3] 【一回生】(1)第一年度の卒業生。(2)(関西で)大学の一年生。
  • いっかいせい    【一回生】 (1)第一年度の卒業生。 (2)(関西で)大学の一年生。 ; 【一回性】 一回起こっただけで,再び起こることはないということ。 「―の出来事」
  • いっかいてん    【一回転】 (1)円運動を一度すること。ひとまわり。 「空中で―する」 (2)何回か作業する仕事の一回分を終えること。 「―するのに半日かかる」
  • せっかいにゅう    【石灰乳】 消石灰を水にかきまぜて得られる白色乳状の液。水酸化カルシウムの懸濁液。酸性ガスの吸収剤や消毒剤として用いる。
  • やっかいになる    ややこしくなる; 面倒な事になる
  • いっかい-そうじょう    ―ジヤウ 【一階僧正】決まった順序を経ないでいきなり僧正に任じられること。また,その人。「―なんどをも申すべきか/平家 3」
  • いっしんほっかい    【一真法界】 〔仏〕 華厳宗の宇宙観。すべての現象はそれぞれ異なって見えるが,元来真如そのものの現れであって,本質的には絶対平等な宇宙の真実相であるということ。
  • いっしん-ほっかい    [5] 【一真法界】(仏) 華厳宗の宇宙観。すべての現象はそれぞれ異なって見えるが,元来真如そのものの現れであって,本質的には絶対平等な宇宙の真実相であるということ。
  • はだかいっかん    【裸一貫】 自分のからだのほかには何もないこと。 「―からたたきあげる」
  • あいにく    【生憎】 〔「あやにく」の転〕 ※一※ (形動) 期待や目的にそわない状況になって,都合が悪く残念なさま。自分の場合にも,相手の気持ちを思いやる場合にも用いる。 「―なお天気です」「―の雨で一歩も外へ出られなかった」 →おあいにくさま ※二※ (副) 都合の悪いことに。折あしく。 「―(と)留守をしていて失礼しました」
  • いいにくい    【言い難い】 (1)さしさわりがあり,言うのがためらわれる。言いづらい。 「面と向かっては―・い」 (2)発音しにくい。 「―・い言葉」