简体版 繁體版
登録 ログイン

いっさいきょうくよう 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【一切経供養】
    一切経を新しく書写したり,または入手したりした際に行う一切経を供養する法会。

  • いっさいきょう-くよう    ―キヤウ―ヤウ [7] 【一切経供養】一切経を新しく書写したり,または入手したりした際に行う一切経を供養する法会。
  • いっさいきょう    【一切経】 「大蔵経(ダイゾウキヨウ)」に同じ。
  • いっさいきょうえ    【一切経会】 一切経を供養するために行う法会。大蔵会。
  • いっさいきょう-え    ―キヤウヱ [5] 【一切経会】一切経を供養するために行う法会。大蔵会。
  • きょうくよう    【経供養】 (1)経を書写して仏前に供え,仏事を行うこと。 「法花経千部いそぎて―し給ふ/源氏(御法)」 (2)陰暦三月二日,大阪四天王寺の太子夢殿において行われた法会。
  • いっさいきょうおんぎ    【一切経音義】 (1)音義書。唐の僧玄応撰。二五巻。648年頃なる。四五四部の仏典の成語の音義を説いたもの。現存する音義書としては最古。玄応音義。 (2)音義書。唐の僧慧琳(エリン)撰。一〇〇巻。783~807年撰出。一二二〇部の仏典を扱い,玄応音義など従来のものを集大成。慧琳音義。
  • いっさいきょう-おんぎ    ―キヤウ― 【一切経音義】(1)音義書。唐の僧玄応撰。二五巻。648年頃なる。四五四部の仏典の成語の音義を説いたもの。現存する音義書としては最古。玄応音義。(2)音義書。唐の僧慧琳(エリン)撰。一〇〇巻。783~807年撰出。一二二〇部の仏典を扱い,玄応音義など従来のものを集大成。慧琳音義。
  • いっさい-きょう    ―キヤウ [0] 【一切経】「大蔵経(ダイゾウキヨウ)」に同じ。
  • ぶっきょうくよう    【仏経供養】 経文を書写して仏前に供え法会(ホウエ)を営むこと。仏経。
  • きょう-くよう    キヤウクヤウ [3] 【経供養】(1)経を書写して仏前に供え,仏事を行うこと。「法花経千部いそぎて―し給ふ/源氏(御法)」(2)陰暦三月二日,大阪四天王寺の太子夢殿において行われた法会。
  • すくよう-きょう    ―エウキヤウ 【宿曜経】経典。二巻。中国唐代の不空がインドの経典を訳したものといわれる。天文・暦法から運命を占い,日のよしあしを判断する方法を説く。密教の特定の修法の日は,本経によって決められる。しゅくようきょう。
  • いっさいうじょう ①-    【一切有情】 ⇒一切衆生(イツサイシユジヨウ)
  • いっさい-うじょう    ―ジヤウ [1]-[0] 【一切有情】一切衆生
  • いっさい-しゅじょう    ―ジヤウ [5] 【一切衆生】(仏) この世に生きているすべての生きもの。生きとし生けるもの。一切有情。
  • いっさんか-たんそ-さいきん    ―クワ― [9] 【一酸化炭素細菌】一酸化炭素を酸化して二酸化炭素として取り込み,生育する細菌。一酸化炭素酸化細菌。