简体版 繁體版
登録 ログイン

いっさんばしり 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【一散走り・逸散走り】
    わき目もふらずに走ること。
    「此方(コナタ)へ―/いさなとり(露伴)」

  • いっさん-ばしり    [5] 【一散走り・逸散走り】わき目もふらずに走ること。「此方(コナタ)へ―/いさなとり(露伴)」
  • さんばしりょう    【桟橋料】 船舶の係留,貨物の積み降ろしなどに桟橋を使用する料金。
  • いっさん    【一山】 本寺・子院をも含めて,寺全体。全山。 「今は徳行重うして―の和尚(ワジヨウ)たり/平家 2」 ; 【一盞】 (1)一つのさかずき。 (2)一杯の酒。 「―を傾ける」 ; 【一粲】 〔粲は輝く意で白い歯を見せて笑うこと〕 ひと笑いすること。一笑。 ――に供・する 「一粲を博す」に同じ。 ――を博(ハク)す 〔自作の詩文が人に読まれることを謙遜していう語〕 一笑に供する。
  • いっさんか    【一酸化】 酸素一原子と化合していること。
  • いっさんに    【一散に・逸散に】 わき目もふらずに走るさま。一目散に。 「―自分の家へ帰った/土(節)」
  • いっさん-か    ―クワ [0] 【一酸化】酸素一原子と化合していること。
  • いっさん-に    [3] 【一散に・逸散に】 (副)わき目もふらずに走るさま。一目散に。「―自分の家へ帰った/土(節)」
  • ねい-いっさん    【寧一山】一山一寧
  • うき-さんばし    [3] 【浮(き)桟橋】係船施設の一。大きな浮き箱をつなぎ並べて,桟橋としたもの。
  • おお-さんばし    オホ― 【大桟橋】江戸時代,山谷堀(東京都台東区今戸橋付近)にあった桟橋。吉原通いの舟の発着場であった。
  • さんばし    【桟橋】 (1)港で,船を横づけにするために陸から海に突き出して設けた構造物。 (2)建築現場で,高い所へ登るための勾配のある足場。
  • いっぽんばし    【一本箸】 死者に供える一膳飯に差して立てる一本の箸。 ; 【一本橋】 一本の木だけを渡した橋。丸木橋。
  • いっさんまい    【一三昧】 (1)〔仏〕 雑念を払って一心に修行すること。 (2)あることにのみ心を用い,余念のないこと。 「新吉は怖い―,早く逃げやうと/真景累ヶ淵(円朝)」
  • ねいいっさん    【寧一山】 ⇒一山一寧(イツサンイチネイ)
  • いだてんばしり    【韋駄天走り】 (韋駄天のように)非常に速く走ること。