简体版 繁體版
登録 ログイン

いっときに 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【一時に】
    同時に。一度に。いちどきに。

  • いっとき    【一時】 (1)少しの間。しばらく。片時(カタトキ)。 「―も休めない」「―のひまも惜しむ」 (2)ある一時期。 「―ほどの元気は見られない」 (3)昔の時間区分。一刻。 →とき
  • いっとき-に    [3][4] 【一時に】 (副)同時に。一度に。いちどきに。
  • いっとき-のがれ    [5] 【一時逃れ】その場だけをうまくごまかして困難や責任をのがれること。一寸逃れ。当座逃れ。いちじのがれ。
  • いっときのがれ    【一時逃れ】 その場だけをうまくごまかして困難や責任をのがれること。一寸逃れ。当座逃れ。いちじのがれ。
  • ときに    【時に】 ※一※ (副) (1)場合によっては。たまに。まれに。時には。 「―失敗することもある」 (2)〔漢文訓読に由来する語法〕 時あたかも。その時。 「―昭和二〇年八月一五日」 ※二※ (接続) 話題を変える際に用いる語。ところで。さて。 「―お子さんはおいくつになりましたか」
  • いっ-とき    [4][0] 【一時】(1)少しの間。しばらく。片時(カタトキ)。「―も休めない」「―のひまも惜しむ」(2)ある一時期。「―ほどの元気は見られない」(3)昔の時間区分。一刻。とき
  • ときには    【時には】 あるときには。場合によっては。まれには。 「―冗談を言うこともある」
  • ときに-は    【時には】 (連語)あるときには。場合によっては。まれには。「―冗談を言うこともある」
  • いっと    【一斗】 斗を単位とした一単位の量。18.039リットル。 →斗 ; 【一途】 (1)ひとすじの道。 (2)一つの方向。ただそればかり。 「悪化の―をたどる」 (3)二つ以上のものが一致すること。一体。 「言文おほむね―なるから/小説神髄(逍遥)」
  • いっきに    【一気に】 (1)途中で休まず,いっぺんに。ひといきに。 「―読み終える」 (2)〔近世上方語〕 すぐに。間もなく。 「乗るなら早う乗らんせ。―出すさかひ/滑稽本・膝栗毛 6」
  • 必要なときに    臨機に; 必要であれば; 必要に応じて
  • じぇっとき    : ジェット機
  • とっとき    【取っ置き】 「とっておき」の転。 「―の品」
  • ひっとき    【引っ解き】 「解(ト)き明け物」に同じ。
  • いっとう    【一等】 ※一※ ◎③ (名) (1)等級・序列などの第一。最上。一番。 「競走で―になる」「―米」 →等 (2)一つの等級。 「死―を減ずる」 (3)〔仏〕 平等であること。同一。 「万機心と仏祖心と―なりといふ/正法眼蔵」 ※二※ ◎ (副) 最も。一番。 「―いい」「たなの―下にある」 ; 【一頭】 (1) ① 牛・馬などの動物の数え方で,一つ。 「―立ての馬車」 →頭(トウ) (2)