简体版 繁體版
登録 ログイン

いっぽんざし 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【一本差(し)】
    刀を一本差していること。また,その人。特に,侠客などをいう。いっぽんがたな。

  • いっぽん-ざし    [0] 【一本差(し)】刀を一本差していること。また,その人。特に,侠客などをいう。いっぽんがたな。
  • いっぽん    【一本】 (1)鉛筆・棒・瓶など細長いものの数え方で,一つ。また,本・手紙・電話などについてもいう。 →ほん(本) (2)剣道で,決まり手となる一撃。通常,二本先取すると勝ち。柔道では,技が完全にかかること。一本先取すると勝ち。 「―取る」 →一本勝ち (3)議論や勝負などで,相手をへこますこと。 「これは―取られた」 (4)一人前。特に,芸妓についていう。 「―になる」「―立ち」 (5)(ア
  • いっぽんか    【一本化】 いくつかに分かれているものを一つにまとめること。 「交渉の窓口を―する」
  • いっぽんぎ    【一本気】 純粋で,いちずに思い込む性質である・こと(さま)。 「―な男」
  • いっぽんば    【一本歯】 高下駄の歯の一枚のもの。修験者などがはく。
  • いっぽん-か    ―クワ [0] 【一本化】 (名)スルいくつかに分かれているものを一つにまとめること。「交渉の窓口を―する」
  • いっぽん-がち    [0] 【一本勝ち】柔道・剣道で,一本{(2)}を先取して勝つこと。
  • いっぽん-ぎ    [3] 【一本気】 (名・形動)[文]ナリ純粋で,いちずに思い込む性質である・こと(さま)。「―な男」
  • いっぽん-ぐま    [3] 【一本隈】隈取りの一種。紅でこめかみから目尻を通り頬にかけて弧を描いたように施す。「国性爺合戦」の和藤内など荒事立役に用いる。
  • いっぽん-だち    [0] 【一本立ち】 (名)スル(1)他人の助けを受けず,独力でやってゆくこと。独立。ひとりだち。「自分の店を持って―する」(2)一つだけほかから離れていること。立。(3)広い所に木がただ一本はえていること。
  • いっぽん-づり    [0] 【一本釣(り)】 (名)スル(1)一本の釣り糸で釣る漁法。竿(サオ)釣り・手釣り・引き釣りがある。(2)複数の人を説得・勧誘するのに,一人一人別々に口説き落とすこと。
  • いっぽん-ば    [3] 【一本歯】高下駄の歯の一枚のもの。修験者などがはく。
  • いっぽん-ばし    [3] 【一本橋】一本の木だけを渡した橋。丸木橋。
  • いっぽん-ばな    [3] 【一本花】死者の枕元に飾る花。一本に限られ,樒(シキミ)を用いることが多い。
  • いっぽん-みち    [3] 【一本道】途中で分かれず,一本だけで続く道。「小屋までは―だ」