简体版 繁體版
登録 ログイン

いっ-かん 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ―クワン [3] 
    【一巻】

    (1)巻き物や映画フィルムなど,巻いてあるものの一つ。
    (2)書物などの第一の巻(マキ)。第一巻。
    ――の終わり
    (物語が完了する意から)
    すべてが終わること。結末がついていて,もはや手遅れであること。万事休す。

  • いっかん    【一貫】 (1) ◎ 一つの態度・方法などを始めから終わりまで通すこと。また,ひと続きであること。 「―した態度をとる」「終始―」「物理と心理とが―なものとなるでござらう/百一新論(周)」 (2) ③ 重量の単位。約3.75キログラム。 →貫 (3) ③ 銭一千文。 →貫 ; 【一閑】 (1578-1657) 江戸初期の漆工。明(ミン)の人。寛永(1624-1644)頃日本に帰化,一閑張の祖と
  • いっかん-せい    ―クワン― [0] 【一貫性】最初から最後まで矛盾がない状態であること。同じ態度を持続すること。「―に欠ける」
  • いっかん-ばり    [0] 【一閑張(り)】漆器の一。木型を使って紙を張り重ね,型から抜き取って漆を塗った器具。木地に紙を張ったものもある。薄茶器・香合・箱・机などが作られた。
  • かん-いっぱつ    [1] 【間一髪】(あいだが髪の毛一本くらいしかないの意)ほんのちょっとのところで。あぶないところで。「―で助けられた」「―,列車に間に合った」
  • だいいっ-かん    [1] 【第一感】真っ先にひらめく感じ。直感。
  • いっちょう-いっかん    ―テウ―クワン [0] 【一調一管】能で,一調に笛を加えた演奏。
  • いっかんせい    【一貫性】 最初から最後まで矛盾がない状態であること。同じ態度を持続すること。 「―に欠ける」
  • いっかんばり    【一閑張(り)】 漆器の一。木型を使って紙を張り重ね,型から抜き取って漆を塗った器具。木地に紙を張ったものもある。薄茶器・香合・箱・机などが作られた。
  • いっか-かんすう    ―クワン― [4] 【一価関数】変数の一つの値に対して,関数の値がただ一つ定まるような関数。多価関数
  • いっしゅう-かん    ―シウ― [3] 【一週間】一週の期間。
  • いっしゅん-かん    [3] 【一瞬間】きわめて短い時間。一瞬の間。
  • かんいっぱつ    【間一髪】 〔あいだが髪の毛一本くらいしかないの意〕 ほんのちょっとのところで。あぶないところで。 「―で助けられた」「―,列車に間に合った」
  • しゅび-いっかん    ―クワン [1] 【首尾一貫】 (名)スル初めから終わりまで,一つの方針や態度で貫くこと。また,初めと終わりで矛盾がないこと。「―した論理」
  • だいいっかん    【第一感】 真っ先にひらめく感じ。直感。
  • はだか-いっかん    ―クワン [6] 【裸一貫】自分のからだのほかには何もないこと。「―からたたきあげる」