简体版 繁體版
登録 ログイン

いっ-ちょう 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ―テウ [0] 
    【一調】

    (1)能で,一曲中の要所の一段を謡い,小鼓・大鼓・太鼓のいずれか一種を合わせて打つ演奏形式。
    (2)歌舞伎で,武将の出入りなどに用いる小鼓だけの囃子(ハヤシ)。

  • いっちょう    【一丁】 (1)豆腐・刃物などのように「丁」を用いて数えられるもの一つ。 〔墨・駕籠(カゴ)・銃などは「一挺」とも書く〕 →丁 →挺(チヨウ) (2)ひと勝負。ひと仕事。 「もう―揉(モ)んでやろう」 (3)「一町{(2)}」に同じ。 (4)(副詞的に用いて)物事を始めるときに用いる語。それでは。さあ。 「―やるか」 ; 【一町】 (1)一つの町。また,町全体。 (2)(ア)町を単位として一
  • いっちょういっし    【一張一弛】 〔弦を張ることとゆるめること〕 ある時は厳格にし,ある時は寛大にし,ほどよく扱うこと。
  • いっちょう-いっかん    ―テウ―クワン [0] 【一調一管】能で,一調に笛を加えた演奏。
  • いっちょう-いっし    ―チヤウ― [5] 【一張一弛】(弦を張ることとゆるめること)ある時は厳格にし,ある時は寛大にし,ほどよく扱うこと。
  • いっちょう-いっせき    ―テウ― [0] 【一朝一夕】ひと朝とひと晩。わずかな時日のたとえ。「―には完成しない」
  • いっちょう-いったん    イツチヤウ― [0] 【一長一短】長所もあり同時に短所もあること。「いずれも―あって,甲乙つけ難い」
  • いっちょうら    【一張羅】 〔「羅」はうすぎぬの意〕 (1)もっている着物の中で,一番上等のもの。とっておきの晴れ着。 (2)たった一枚しかもっていない着物。
  • いっちょう-まえ    ―チヤウマヘ [0] 【一丁前】(「丁」は「正丁」の「丁」)一人前。「―の口をきく」
  • いっちょう-ら    ―チヤウ― [3] 【一張羅】(「羅」はうすぎぬの意)(1)もっている着物の中で,一番上等のもの。とっておきの晴れ着。(2)たった一枚しかもっていない着物。
  • いっちょういっかん    【一調一管】 能で,一調に笛を加えた演奏。
  • いっちょういっせき    【一朝一夕】 ひと朝とひと晩。わずかな時日のたとえ。 「―には完成しない」
  • いっちょういったん    【一長一短】 長所もあり同時に短所もあること。 「いずれも―あって,甲乙つけ難い」
  • いっちょうまえ    【一丁前】 〔「丁」は「正丁」の「丁」〕 一人前。 「―の口をきく」
  • いっちょう-みところ    ―チヤウ― 【一丁三所】「一町に三所(ミトコロ)」に同じ。「いやながら請けとりて,―にくけてやりしも無理なり/浮世草子・一代女 4」
  • かわのべ-いっちょう    カハノベイツテウ 【川之辺一朝】(1830-1910) 幕末・明治期の蒔絵(マキエ)師。江戸生まれ。幸阿弥派の伝統的な蒔絵を継承した。