简体版 繁體版
登録 ログイン

いつぶつ 意味

読み方:
"いつぶつ"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 【逸物】
    「いちもつ(逸物)」に同じ。

  • たんいつぶつ    【単一物】 〔法〕 その物一つで一つのものを形成しているもの。その物一つで一つの名をもっているもの。
  • つぶつぶ    【円円】 肥えふとっているさま。 「いと白うをかしげに,―と肥えて/源氏(空蝉)」 ; 【粒粒】 つぶ状のもの。つぶ。 「顔に―ができる」 ; (1)水の流れる音を表す語。 「岩間の水の―ときこえ知らせ給ふべき程だになく/狭衣 1」 (2)(水などが)粒のようにほとばしり出るさま。 「女いらへもせで―と泣きぬ/落窪 1」「刀に従ひて血の―と出で来けるを/宇治拾遺 4」 (3)ことこまかなさ
  • つぶつぶの    一粒一粒
  • ぶつぶつ    ※一※ ① (副) (1)小声でつぶやくさま。 「何か―言いながら歩いている」 (2)不平不満などを大っぴらでなく,言うさま。 「どう分配しても誰かが―言う」 (3)小さな穴や突起がたくさんあるさま。粒立っているさま。 「鶏の皮みたいに―(と)している」 (4)小さな泡を出しながら煮立ったり,湧き出たりするさま。 「お粥(カユ)が―(と)煮えてきた」「ガスが―(と)吹き出す」 (5)何度も突き
  • いつ-ぶつ    [0] 【逸物】「いちもつ(逸物)」に同じ。
  • いつぶす    【鋳潰す】 金属製品を溶かして,地金にする。 「梵鐘(ボンシヨウ)まで―・して大砲をつくる」 ‖可能‖ いつぶせる
  • いつぶん    【逸文・佚文】 (1)原文がほとんどなくなって世に一部分しか伝わっていない文章。一部分だけ残った文章。 「風土記―」 (2)優れた文章。秀逸な文章。 ; 【逸聞】 世にあまり知られていない珍しい話。世間に伝わっていない話。
  • かいつぶり    【鸊鷉】 (1)カイツブリ目カイツブリ科の水鳥の総称。世界に二〇種が知られている。 (2){(1)}の一種。体長約25センチメートル。背は灰褐色で腹部は白く,夏羽ではくびが栗色になる。潜水が巧みで,小魚・小エビなどを捕らえる。夏,水草を集め葦の茎などに固定した「鳰(ニオ)の浮き巣」と呼ばれる巣を作る。北海道・本州・九州で繁殖。カイツムリ。ニオ。ムグッチョ。﹝季﹞冬。
  • くいつぶす    【食い潰す】 (1)働かずに暮らして,財産をすっかり使い果たす。くいたおす。 「身代を―・す」 (2)かみつぶす。 「然(サ)う苦虫を―・してゐずと,些(チツ)と此方(コツチ)を向いてのろけ給へ/浮雲(四迷)」
  • よいつぶす    【酔い潰す】 酒に酔わせて正体をなくさせる。泥酔させる。 「酒で―・される」
  • 食いつぶす    食い倒す; 食い潰す
  • じじぶつぶつ    【事事物物】 すべての物事。あらゆる事柄。
  • ぶつぶついう    叫ぶ; 不平をいう; 愚痴をこぼす
  • ぶつぶつ言う    文句する; ぼやく; とやかく言う
  • よいつぶれる    【酔い潰れる】 酒に酔って正体を失う。泥酔する。 「はしご酒をして―・れる」

例文

  • これは形はあまりナメクジらしくなく、平べったい楕円形で、表面は細かいつぶつぶになってあまり粘液を出さない。
  • 甲羅によく付着している黒いつぶつぶはカニビルの卵で、これが付着しているカニは脱皮後の時間が長いことを示しており、身入りが良いとされる。