简体版 繁體版
登録 ログイン

いでん-がく 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ヰ― [2] 
    【遺伝学】

    遺伝現象の解明を目的とした生物学の一分野。遺伝子が形質を発現する時の調節機構,遺伝子本体の物理的・化学的性質,生物集団のもつ遺伝子群の変化などを研究対象とし,多くの分科に分かれる。

  • いでんがく    【遺伝学】 遺伝現象の解明を目的とした生物学の一分野。遺伝子が形質を発現する時の調節機構,遺伝子本体の物理的・化学的性質,生物集団のもつ遺伝子群の変化などを研究対象とし,多くの分科に分かれる。
  • せいでんき-がく    [5] 【静電気学】電荷分布が時間的に変化しない場合の電気現象を研究する分野。電気力学
  • いでんしこうがく    【遺伝子工学】 遺伝子を有効に利用して人類に役立たせることを目的とした学問。遺伝子操作などの技術により発展した。高等生物の特定の遺伝子を多量に作り出して構造を分析したり,有用物質を生物的に生産するなど,広く応用される。
  • いでん-し-こうがく    ヰ― [5] 【遺伝子工学】遺伝子を有効に利用して人類に役立たせることを目的とした学問。遺伝子操作などの技術により発展した。高等生物の特定の遺伝子を多量に作り出して構造を分析したり,有用物質を生物的に生産するなど,広く応用される。
  • さいぼう-いでんがく    ―バウヰデン― [6] 【細胞遺伝学】遺伝学の一分野。染色体の形態・構造・数・行動やその変異を中心に,細胞内の種々の構造物と遺伝との関係を解析する学問。
  • せいでんきがく    【静電気学】 電荷分布が時間的に変化しない場合の電気現象を研究する分野。 →電気力学
  • ぶんしいでんがく    【分子遺伝学】 遺伝の仕組みを DNA 分子の塩基配列によって解明しようとする学問分野。
  • ぶんし-いでんがく    ―ヰデン― [5] 【分子遺伝学】遺伝の仕組みを DNA 分子の塩基配列によって解明しようとする学問分野。
  • いでん    【位田】 律令制で,有品(ユウホン)の親王と五位以上の官人に,その位階に応じて支給された輸租田。女子は男子の三分の二が支給された。 ; 【囲田】 中国,宋代に湖や沼などを囲んで干拓し,農耕を行なった田土の呼称。長江下流を中心に官戸・寺院などによって主に構築され,荘園を形成した。 ; 【遺伝】 〔(2)が原義〕 (1)親の形質が遺伝子により子やそれ以後の世代に伝えられること。 (2)あとまで残り
  • さいぼういでんがく    【細胞遺伝学】 遺伝学の一分野。染色体の形態・構造・数・行動やその変異を中心に,細胞内の種々の構造物と遺伝との関係を解析する学問。
  • しゅうだんいでんがく    【集団遺伝学】 遺伝学の一分野。進化機構の解明を目標に,生物を個体としてでなく集団としてとらえ,その遺伝を支配する法則を研究する。分科個体群遺伝学。
  • しゅうだん-いでんがく    シフ―ヰデン― [6] 【集団遺伝学】遺伝学の一分野。進化機構の解明を目標に,生物を個体としてでなく集団としてとらえ,その遺伝を支配する法則を研究する。分科個体群遺伝学。
  • ほうしゃせんいでんがく    【放射線遺伝学】 放射線照射が遺伝子に与える作用を研究する遺伝学の一分野。
  • ほうしゃ-せん-いでんがく    ハウ―ヰデンガク [7] 【放射線遺伝学】放射線照射が遺伝子に与える作用を研究する遺伝学の一分野。
  • いでんし    【遺伝子】 染色体中に一定の順序で配列されて各々一つずつの遺伝形質を決定し,両親から子孫へ,細胞から細胞へと伝えられる因子。遺伝子の本体は DNA(一部のウイルスでは RNA )であり,そのヌクレオチドの塩基の配列順序の一定の部分によって特定の形質を発現したり,調節したりする情報が伝えられる。遺伝因子。