简体版 繁體版
登録 ログイン

いどうこうげき 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【移動攻撃】
    バレーボールなどで,ポジションを移動して攻撃に参加すること。

  • いどう-こうげき    [4] 【移動攻撃】バレーボールなどで,ポジションを移動して攻撃に参加すること。
  • そうこうげき    【総攻撃】 全員が一斉に相手を攻撃すること。また,その攻撃。 「敵陣を―する」
  • もうこうげき    【猛攻撃】 激しい攻撃。猛攻。
  • はじょうこうげき    【波状攻撃】 何回にもわたって繰り返し行われる攻撃。
  • だいどうこう    【大同江】 朝鮮民主主義人民共和国の中南部を流れる川。狼林山脈に源を発し,南西流してピョンヤンを経て黄海に注ぐ。長さ431キロメートル。テドン-ガン。
  • にんいどうこう    【任意同行】 捜査機関が検察庁・警察署などへ同行を求め,相手方の承諾によりこれを連行すること。意に反して承諾する必要はない。
  • しゅうちゅうこうげき    【集中攻撃】 ある一か所,または特定の人に的を絞って攻めること。
  • じどうげき    【児童劇】 (1)児童が演ずる劇。自発的創造的な演劇活動を通して児童の人間形成に役立てようとするもの。欧米では一七世紀頃,日本では1921年(大正10)坪内逍遥が提唱。学校劇。 (2)児童を観客対象とする劇。
  • こうげき    【攻撃】 (1)戦争やスポーツの試合などで,相手を攻めること。 ⇔守備 「敵軍の背後を―する」 (2)相手を強く非難すること。 「失政を―する」
  • こうげきき    【攻撃機】 陸上・海上の目標を攻撃破壊することを任務とする飛行機。
  • こうげき-き    [3][4] 【攻撃機】陸上・海上の目標を攻撃破壊することを任務とする飛行機。
  • こうげき-りつ    [4] 【孔隙率】空隙率
  • そう-こうげき    [3] 【総攻撃】 (名)スル全員が一斉に相手を攻撃すること。また,その攻撃。「敵陣を―する」
  • もう-こうげき    マウ― [3] 【猛攻撃】激しい攻撃。猛攻。
  • だいどうげい    【大道芸】 大道で演ずる演芸。物売りの口上・猿まわしなど。