简体版 繁體版
登録 ログイン

いどうせいもうちょう 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • 【移動性盲腸】
    通常,後腹膜に固定されている盲腸が生理的限界以上に移動性を示す状態。右下腹部の疼痛・便秘などの症状を起こす。虫垂炎と誤診されやすい。移動盲腸症。

  • いどう-せい-もうちょう    ―マウチヤウ [6] 【移動性盲腸】通常,後腹膜に固定されている盲腸が生理的限界以上に移動性を示す状態。右下腹部の疼痛・便秘などの症状を起こす。虫垂炎と誤診されやすい。移動盲腸症。
  • どうちょうせい    【同調性】 周囲に同調する気質傾向をいう。
  • どうちょう-せい    ―テウ― [0] 【同調性】周囲に同調する気質傾向をいう。
  • じょうちょうせい    【冗長性】 〔redundancy〕 言語による伝達の際,ある情報が必要最小限よりも数多く表現されること。冗長性があれば雑音などで伝達を妨げられても情報伝達に成功することがある。余剰性。
  • こようちょうせい    【雇用調整】 企業が景気の変動や事業活動の増減によって生ずる労働力需要の変化に対処すること。残業規制・採用削減,パートタイム労働者の解雇,出向・一時帰休・希望退職・解雇などをいう。
  • のうち-ちょうせい-ほう    ―テウセイハフ 【農地調整法】地主・小作関係を調整して小作争議を抑制し,また農地の権利関係を統制して農業生産増進を図ろうとした法律。1938年(昭和13)制定。第二次大戦後,大改正により自作農創設特別措置法とともに農地改革の二大基本法とされた。52年農地法の制定により廃止。
  • もうちょう    【盲腸】 (1)小腸から大腸への移行部にある袋状の部分。爬虫類・鳥類・哺乳類に見られる。鳥類や草食動物ではよく発達し,消化に関与する。ヒトや類人猿では短く,先端は退化して虫垂と呼ばれる小突起となる。 (2)虫垂・虫垂炎の俗称。 「―の手術」 ; 【猛鳥】 性質の荒い肉食の鳥。猛禽(モウキン)。
  • ほっかいどうちょう    【北海道庁】 北海道の地方公共団体としての業務の中心となる役所。他県の県庁にあたる。
  • しょうちょう-てんのうせい    シヤウ―テンワウ― [0] 【象徴天皇制】天皇は日本および日本国民統合の象徴であり,国政に関する権能をもたないとする日本国憲法上の制度。
  • きんきゅうちょうせい    【緊急調整】 〔法〕 国民の日常生活,経済を著しく阻害するおそれのある公益事業あるいは主要産業などの労働争議について行われる調整。内閣総理大臣が決定し,中央労働委員会が争議の調整を行う。その間五〇日は争議行為が禁止される。
  • のうちちょうせいほう    【農地調整法】 地主・小作関係を調整して小作争議を抑制し,また農地の権利関係を統制して農業生産増進を図ろうとした法律。1938年(昭和13)制定。第二次大戦後,大改正により自作農創設特別措置法とともに農地改革の二大基本法とされた。52年農地法の制定により廃止。
  • もうちょう-えん    マウチヤウ― [3] 【盲腸炎】盲腸の炎症。一般には虫垂炎の俗称。
  • どうちょう    【道庁】 「北海道庁」の略。 ; 【同調】 (1)調子が同じであること。また,同じ調子。 (2)他のものと調子を合わせること。ある人の意見や態度に賛成し,同じ行動をとること。 「彼の意見に―する」「―者」 (3)外部から来る振動に共振するように,装置の固有振動数あるいは周波数を調節すること。特に,テレビ・ラジオで目的の周波数に合わせること。 ; 【堂頭】 禅宗で,寺の住職。また,住職や長老の居
  • しょくぶつせいちょうちょうせいざい ⑾②-    【植物成長調整剤】 農薬の用途別分類の一。農作物の成長を抑えたり,促進したりする。主に植物ホルモンを用いる。着果促進,落果防止,発芽防止,種なし果実を作ること等に使われる。
  • ちょうせい    【超世】 ⇒ちょうせ(超世) ; 【調声】 ⇒ちょうしょう(調声) ; 【町制】 地方公共団体としての町の構成・権限などに関する制度。 ; 【町政】 地方公共団体としての町の政治。