简体版 繁體版
登録 ログイン

2かたくな 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • かたいじ
  • かたくな    【頑】 (1)意地を張って自分の考えや態度を変えようとしないさま。頑固。一途。 「―な態度」「―に口をつぐむ」 (2)ぎこちなく見苦しいさま。不体裁なさま。 「翁,門をえあけやらねば,(女ガ)寄りて引き助くる,いと―なり/源氏(末摘花)」 ﹛派生﹜——さ(名)
  • かたくなさ    剛情っ張り; 頑強さ; 依怙地さ; 意地張; 片意地; 業突張り; 情強; 頑なさ; 頑さ; 強情っ張り; 頑固一徹; 一刻さ; 強情っぱり; 頑固さ; 意地っ張り; 剛情; 片情張り; 意固地さ; 利かぬ気; 強突張り; 我執; 一国さ; 意地張り; 強情張; 強情さ; きかぬ気; 執拗さ; 強情張り; 片意地さ; 片情張; 強情; 一徹; 剛愎; 剛愎さ
  • かたくなし    【頑し】 (1)偏屈だ。片意地だ。頑固だ。 「いとど愚に―・しき入道の心ばへも/源氏(明石)」 (2)融通がきかない。愚かしい。 「おり立ちて尋ね歩かむも,―・しなどや,人言ひなさむ/源氏(手習)」 (3)風流でない。不体裁だ。 「装束どものうち合はず,―・しき姿などをも/源氏(乙女)」
  • かたくなに    執拗に
  • かたくなる    緊張しすぎて,心身の動きがぎこちなくなる。 「初めてのスピーチに―・った」
  • かたくな・し    【頑し】 (形シク)(1)偏屈だ。片意地だ。頑固だ。「いとど愚に―・しき入道の心ばへも/源氏(明石)」(2)融通がきかない。愚かしい。「おり立ちて尋ね歩かむも,―・しなどや,人言ひなさむ/源氏(手習)」(3)風流でない。不体裁だ。「装束どものうち合はず,―・しき姿などをも/源氏(乙女)」
  • かたくな・る    緊張しすぎて,心身の動きがぎこちなくなる。「初めてのスピーチに―・った」
  • かたくなわし    【頑はし】 「かたくなし(頑)」に同じ。 「―・しき様ぞしたりける/宇治拾遺 11」
  • かたくな-わ・し    ―ハシ 【頑はし】 (形シク)「かたくなし(頑)」に同じ。「―・しき様ぞしたりける/宇治拾遺 11」
  • かたくなった綱    進みかねる船
  • かたく    【火宅】 〔仏〕 〔法華経(譬喩品)〕 三界に平安のないことを火事にあった家にたとえた語。苦に満ちた世界としてのこの世。現世。娑婆(シヤバ)。 ; 【仮託】 他の物にかこつけること。ことよせること。 「主人公に―して自らの思想を述べる」
  • したくない    いや
  • ぜいたくな    華美な; 豪奢な
  • たくなむ    【巧なむ】 〔「たくらむ」の転〕 たくらむ。もくろむ。 「この趣向をすぐに一切浄瑠璃芝居へ嫁入りさせんと―・み/浮世草子・芝居気質」
  • たくなわ    【栲縄】 楮(コウゾ)などの繊維で作った縄。 「千尋(チヒロ)の―を以て/日本書紀(神代下訓)」