简体版 繁體版
登録 ログイン

20銭 意味

読み方
"20銭"の例文

意味モバイル版携帯版

  • 十縄
  • 20    弐〇; 二十; 弐十; 二〇
  • 20%    5分の1
  •     ぜぜ ① 〔幼児語〕 ぜに。おかね。おあし。 ; ぜに ① 〔字音「せん」の「ん」を「に」と表記したもの〕 (1)四角い穴のある円形の金属貨幣。金・銀・銅などで作る。日本では和同開珎(カイチン)が最初。鵝眼(ガガン)。鵝目。鳥目(チヨウモク)。 (2)江戸時代,銅・鉄製の貨幣。金・銀製の貨幣に対していう。 (3)貨幣一般の俗称。かね。金銭。 「―勘定」 (4)家紋の一。銭の形を図案化したもの。
  • 20世紀    二十世紀
  • 20代    二十代
  • 20年代    二十年代
  • 20日    廿日; 二十日
  • 20歳    二十; 二十歳; 廿
  • 20年代    1920年代
  • 主要20ヶ国    主要二十ヶ国
  • 20円に当たる    銭千貫
  • 投(げ)銭    なげ-せん[2][0] 【投(げ)銭】大道芸人などに投げ与える金銭。なげぜに。
  • 投{(}げ{)}銭    なげせん ②◎ 大道芸人などに投げ与える金銭。なげぜに。
  • 投{(げ)}銭    なげせん ②◎ 大道芸人などに投げ与える金銭。なげぜに。
  • 散(り)銭    ちり-せん[0] 【散(り)銭】少しずつあれこれと入用な雑費。散り金(キン)。

例文

  • 20銭もありゃあ うめえもん食えるし
  • コンセントから外せば 一日 2円20銭の節約だ。
  • 20ページほどで、20銭で販売された。
  • 初乗旅客運賃、大人20銭、小児10銭に。
  • 乗車賃は当初10銭、のちに20銭となっている。
  • 入場料が安く、20銭ないしは10銭で半日たのしむことができた。
  • 10円、5円、1円、50銭、20銭、10銭が発行され大量に流通した。
  • 同社が運営する自動車専用道を走り運賃20銭、所要時間15分で結んだ。
  • 一方、桜島町内では、初乗り110円、基準賃率23円20銭の対キロ区間制運賃である。
  • 大原-大多喜間の所要時間は約2時間30分、運賃は20銭程度であったと推測されている。
  • もっと例文:  1  2  3