简体版 繁體版
登録 ログイン

b ―球 意味

読み方:

意味モバイル版携帯版

  • ビー-リンパきゅう―キウ [5] 
    【 B ―球】
    ビー

  • t ―球    ティー-リンパきゅう―キウ [5] 【 T ―球】ティー細胞
  •     きゅう ※一※ ① (名) (1)丸いもの。たま。 (2)〔数〕 ある点から一定の距離にある点の全体がつくる空間図形。 →球面 ※二※ (接尾) 助数詞。野球などで,投手がボールを投げた回数を数えるのに用いる。
  • b/s    〖balance sheet〗バランス-シート。貸借対照表
  • b.w., b/w    〖black and white〗テレビ・写真などの白黒。
  • b/e, b.e.    〖bill of exchange〗為替手形
  • 玉・珠・球・弾    たま[2] 【玉・珠・球・弾】(1)球形のもの。(ア)丸い形状のもの。また,丸い形状にしたもの。《玉》「目の―」「こんにゃく―」「毛糸の―」「うどん―」(イ)特に,水滴・涙など球状のもの。《玉》「―の汗」「涙の―」「―の露」(ウ)野球・ゴルフ・ビリヤードなどのボール。《球》「沈む―」「速い―を投げる」(エ)(「弾丸」とも書く)鉄砲の弾丸。《弾》「―をこめる」(オ)電球。《球》「―がきれる」(カ
  • 釣(り)球    つり-だま[0] 【釣(り)球】野球で,打者の打ち気を誘うような球。ストライク-ゾーンに近い高目の球など。
  • 釣{(}り{)}球    つりだま ◎ 野球で,打者の打ち気を誘うような球。ストライク-ゾーンに近い高目の球など。
  • 釣{(り)}球    つりだま ◎ 野球で,打者の打ち気を誘うような球。ストライク-ゾーンに近い高目の球など。
  • b 判    ビー-ばん[0] 【 B 判】(1)ジス(JIS)による紙加工仕上げ寸法の一系列。〇番(1030ミリメートル×1456ミリメートル)から一〇番(32ミリメートル×45ミリメートル)までの一一種がある。(2)ジス(JIS)による紙の原紙寸法。765ミリメートル×1085ミリメートル。B 列本判。B 全判。A 判紙
  • b 細胞    ビー-さいぼう―サイバウ [3] 【 B 細胞】リンパ球の一。骨髄由来の細胞で,抗原の侵入に応答して増殖し,抗体(免疫グロブリン)を生産する細胞へと分化する。B リンパ球。T 細胞形質細胞
  • b 電源    ビー-でんげん[3] 【 B 電源】真空管回路の陽極電圧を供給し,陽極電流を流すための電源。比較的高電圧を供給する。A 電源 C 電源
  • b判    紙加工仕上げ寸法の系列の一。ビー判
  • b型    (1)インフルエンザの分け方の一。病原体ウイルスの免疫学的な性質によってA型・B型・C型に分類される。(2)Bウイルス性肝炎の一。ほかにA型・C型などがある。B.html">Bウイルス性肝炎の一。ほかにA型・C型などがある。
  • b専    ビーせん; ビー専