简体版 繁體版
登録 ログイン

stマーク 意味

読み方:
"stマーク"の例文"stマーク"中国語の意味

意味モバイル版携帯版

  • 〖safety toy mark〗
    日本玩具協会の安全基準に合格した玩具につけられる,安全基準マーク。1971年(昭和46)から始まる。

  • sマーク    〖safety mark〗生活用品が消費生活用製品安全法による安全基準に合格したことを示すマーク。圧力なべやヘルメットなど,高い安全性が求められる商品を対象とする。
  • tマーク    〖和 T-mark〗家電安全マーク。国の安全基準に合格した家庭電化製品に表示が義務づけられており,▽〒,○〒の2種類がある。
  • マーク    〖MARC〗 〔machine readable cataloging〕 計算機可読図書目録。出版物の書名・著者名・出版社名など書誌情報を,コンピューターで情報処理できるようにしたデータ-ベース。1960年代末に米国議会図書館で開発された。 ; 〖mark〗 (1)しるし。記号。標章。 (2)トレード-マークの略。 (3)ある人・物などに特に目をつけて注意すること。 「ライバルを―する」「ノー
  • blマーク    〖和 Better Living mark〗日本の消費者マークの一。建設省が優良住宅部品(BL部品)と認定したものにつけられる。
  • gマーク    〖good design mark〗ジー-マーク
  • jisマーク    〖JIS mark〗ジス-マーク
  • qマーク    〖quality mark〗日本の消費者マークの一。繊維製品総合検査基準に合格した製品に付けられる。
  • sfマーク    〖safety fireworks mark〗日本の消費者マークの一。国産品や輸入品のおもちゃ花火で,日本煙火協会の安全検査に合格したものに付される。
  • sgマーク    〖safety goods mark〗生活用品が消費者生活用製品安全法の基準に合格したことを示すマーク。通産省の指導のもとに,製品安全協会が認定。
  • tsマーク    〖traffic safety mark〗日本の消費者マークの一。自転車,高速道路の停止表示器,ヘルメットなどが安全基準に達していることを示すマーク。
  • てきマーク    防火基準適合表示の通称。ホテルやホールなど,多数の人が集まる施設で,防火体制や設備が整備されていると判断される場合に消防署が交付するマーク。1981年(昭和56)から実施。丸適マーク。
  • てき-マーク    [3] 【適―】防火基準適合表示の通称。ホテルやホールなど,多数の人が集まる施設で,防火体制や設備が整備されていると判断される場合に消防署が交付するマーク。1981年(昭和56)から実施。丸適マーク。
  • わかば-マーク    [4] 【若葉―】普通自動車運転免許取得後一年未満のドライバーが,車体の前後につけることを義務づけられているマーク。初心者マーク。ふたばマーク。
  • イヤマーク    〖earmark〗 〔元来は,羊の耳につけた所有者を明らかにするためのしるし〕 (1)国際間の為替(カワセ)決済の準備などの目的で,外国で取得した正貨または金をそのまま外国の銀行に寄託して保管を頼むこと。 (2)特定の用途と目的を指定して,他に流用しない準備金。 (3)織物の端の部分に製造者名などを織り出したマーク。
  • イヤ-マーク    [3] 〖earmark〗(元来は,羊の耳につけた所有者を明らかにするためのしるし)(1)国際間の為替(カワセ)決済の準備などの目的で,外国で取得した正貨または金をそのまま外国の銀行に寄託して保管を頼むこと。(2)特定の用途と目的を指定して,他に流用しない準備金。(3)織物の端の部分に製造者名などを織り出したマーク。

例文

  • 日本では安全な玩具にはSTマーク(セーフティ・トイ)が付けられる。
  • 日本玩具協会はSTマークを設定して乳幼児が口にしても安全なおもちゃに適用している。
  • この際、同編成は6000形では唯一、車体に札幌市章ではなくSTマークを掲示していた。
  • 1・2次車では先頭車前面に札幌市章を掲出していたが、3次車では「STマーク」が採用された。
  • 玩具の規格としては、ほかに日本のSTマーク(セーフティ・トイ)、アメリカのASTM F963がある。
  • 日本でも製作されている人形はあるが、国外では日本のSTマーク(セーフティ・トイ)などによる法的処置が対応されていない事もあり、海外での市販品でありながら完成度が高い。
  • 日本にも数々の品質保証マーク(JISマーク、JASマーク、SGマーク、STマーク等)があるが、ウールマークは「コットンUSAマーク」(国際綿花表議会)とともに世界共通である。
  • 日本では1971年に玩具業界の日本玩具協会が「玩具安全マーク制度(STマーク)」を開始、社会的にも「玩具の安全性」が注目され始めた時代でもあったため、危険を訴える報道に児童の保護者が反応、突然売上が途絶えたという。