ahimsa 意味

発音を聞く   ahimsaの例文
  • {名} : 不殺生

例文

  1. it did not conduct various good deeds after ahimsa , so its body dwas estroyed into death , resulting in a fall into ashura-do , asura realm .
    不殺生の実践したが、諸善業を行わなかったので、その身が破壊(はえ)し、命終して阿修羅道へ堕ちてその身を受けた。
  2. although there are some people among the believers of hinduism and jainism in india who eat only vegetables as a practice of ahimsa , the term of shojin ryori is basically used in connection with buddhism .
    なお、インドのヒンドゥー教徒やジャイナ教徒にも不殺生として菜食を習慣とする人がいるが、精進料理は基本的に仏教と関係したものに限られる。
  3. due to the buddhist thought of ' ahimsa ,' shuyoshi was abolished in 721 , and in a period from 764 to 769 under dokyo ' s government , and then hojoshi (literally , office of returning animals to nature ) was established .
    「不殺生」といった仏教思想により、721年、および道鏡政権下の764年から769年までは廃止されて放生司(ほうじょうし)が置かれた。

隣接する単語

  1. "ahi tuna" 意味
  2. "ahidjo" 意味
  3. "ahifeldite" 意味
  4. "ahimaaz" 意味
  5. "ahimelech" 意味
  6. "ahir" 意味
  7. "ahira" 意味
  8. "ahishar" 意味
  9. "ahistoric" 意味
  10. "ahimaaz" 意味
  11. "ahimelech" 意味
  12. "ahir" 意味
  13. "ahira" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社