ˀaqpi という 意味

発音を聞く:
  • あれだけ
  • 多くアッピ
  • 》という:    鍋墨; 肺病; ぶつ切り
  • という:    【と言う】 〔格助詞「と」に動詞「言う」の連体形の付いたもの〕 (1)二つの体言または体言に相当する語句の間に用いる。(ア)「そう呼ばれている」「…という名の」の意を表す。 「日本―国」「田中―人」「秩父の荒川村―所」(イ)(数量を表す語の下に付いて)それだけの数に達する。「何百―粒子」(ウ)とりたてて言う意を表す。「いざ―時」「君―命の恩人」 (2)同一の体言または体言に相当する語句の間に用
  • いやという:    いやがる

隣接する単語

  1. "ʔwïï" 意味
  2. "ʼ一族" 意味
  3. "ʼ告げ口" 意味
  4. "ʼ弁当" 意味
  5. "ʼ意地人" 意味
  6. "ˀiduma" 意味
  7. "ˀuqpii" 意味
  8. "Α" 意味
  9. "Α,α" 意味
  10. "ʼ弁当" 意味
  11. "ʼ意地人" 意味
  12. "ˀiduma" 意味
  13. "ˀuqpii" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社